パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

Windows8、Windows10でセーフモード

(かなり久しぶりの投稿な上に、ほぼ画像用意してません。すいません)

Windowsが起動しなくなった! (電源は入るけど、途中で止まる)といった時。
まずはセーフモードで起動するかどうかを試します。
セーフモードで起動できるなら、原因は起動時に何かしらのアプリやウィルスが起動を邪魔しているとほぼ特定できるからです(当然、それ以外の場合もありますが)

一般的にOSが起動しない場合のセーフモードの起動方法は
・Windows7以前 > 電源スイッチをおしたらF8連打! > セーフモードで起動(以下F8起動) ※できないメーカーもあります
・Windows8以降 > ①タイル状の画面が出るので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動後、4
②ログイン画面等で、シフトキー押しながら、電源マーク>再起動

なのですが!
Windows8/8.1/10の場合、ログイン画面までいかない、パスワード設定していない場合、通り過ぎて真っ暗画面で止まる等、通常の方法が使えないことが多いです。

なぜ、こんな仕様にした!?

では、以前のように「F8連打で、セーフモードにできないの?」
と思いますよね?
実は、できないこともないです。
ただし、ちょっと面倒です。ついでに、修復ディスクを事前に作成しておくか、使用OSのインストールディスクが必要です。

毎度のことながら、作業は自己責任でお願いします。

0.UEFIの設定でFAST BOOTを無効、一応修復ディスクやインストールディスクで使用するメディアをBootの最優先にしておきます。

1.修復ディスクかインストールディスクで起動

2.システムの修復・・・までいくのは面倒なので、キーボードの種類を選択する画面がでたら、「Shift+
F10」でコマンドプロンプトを出します。

3.bcdedit /v でブートローダの情報を取得

4.ブートローダの identifierの情報をコピー(Ctrl + c)

5.bcdedit /set {コピーしたidentifier} bootmenupolicy legacy
 と入力
 (貼り付けは Ctrl + v)

6.終了して再起動
7.UEFIの起動順は元に戻しておいたほうが良いかも

※設定を戻すときは bcdedit /set {コピーしたidentifer} bootmenupolicy standard

これでWindows8.1やWindows10でF8モードが使用できるようになります。
ただし、残念ながら「システム障害時に自動的な再起動を無効にする」を選択してもブルースクリーンは出てきません( ノД`)

なぜ、こんな仕様にした!?

 

Tags: , ,

NEC LS150/B HDD交換

世田谷区の方からWindows7が起動途中でフリーズするので、診てほしいという依頼です。
こういう場合、たいていはHDD障害であることが多いです。案の定、HDDチェックツールにて簡易テストしたところ、数個の不良ブロックが見つかりました。簡易テストで何個も出てくるということは、まっとうなテストならもっと出てくる可能性があります。
あ、お客様のもとで簡易テストにするのは、単に何時間もかかるからです。

というわけで、クローン作成後のHDD交換を提案。了承いただいたので持ち帰りです。
よほど、HDDの痛みが酷くなければ、ほとんど元のまま使えるようになります。

ここ数年のノートPCは裏側にHDD用の蓋があって、簡単に交換できます。しかし、一部の廉価ノートPCなどは結構HDD交換が面倒だったりします。さらに、一部のノートPCでは変なところからHDD交換ができるようになっています。
 今回のNEC LS150/B(PC-LS150BS1TL)はバッテリ部分から抜き出せるようになっていました。同様なのはPanasonicの小型ノートPCくらいですね。珍しい^^;

まずはバッテリを外します。これは全てのノートPCの中身を弄るときに共通ですね。
つづいて、真ん中辺りにあるこの2つのネジを外します。
IMG_2609
ま、このネジでHDDを固定しているわけです。

続いて外したバッテリのところを覗いてみるとHDDがみえるので、プラ製のベロ? を引きずり出してから、引っ張り出します。
IMG_2612
あとはHDDの周りをくるんでいるプラ版を新しいHDDに包み直してもとに戻すだけ。
ネジを再度つけるのに、ちょっと持ち上げて上げる必要があるかも。
簡単ですね。
HDDコネクタはマザーボードに直接ハンダ付けされているので、ちょっと入れるのに苦労するかも。また、HDDを包んでいるプラは、ちゃんとつけてあげないとショートの原因になりそうです。

メモリ、HDD交換、光学ドライブ取り外し、キーボード交換は結構簡単にできますが、それ以上の事をしようとすると、結構苦労します。試したのかって? えぇ、ちょっとフル分解も試しました。でも、その話は機会があったらということで(≧▽≦ヘ)バキッ☆\(-Θ-:)

 

骨伝導Bluetoothイヤホン その後のレビュー

こちらの記事の後日談です>Bluetooth骨伝導イヤホンを買ってみました

上記の商品を購入し、しばらく使ってみました。その上での感想です。
なお、自分は上記商品の生産者や輸入元とは一切関係ありません(^^ゞ

なお、バイクでの使用を前提にしているので、そのような記述がありますが、
基本的に(バイパスとかで止まれないとき以外)はちゃんと路肩に停まって応対していますよ(^^)

1.イヤーピースはいまいち合わない
なにはともあれ、自分は耳が小さいので、上手く装着することに苦労しました。普通のイヤホンでも合うイヤーピースはなかなか無かったので、この機種に限ったことではないです。
一番小さなピースにしてみたり、ピースを外してみたり。でも、ピースを外すのは全然ダメですね。音が聞こえません。
結果、イヤーフックと中型のピースを併用することで落ち着きました。カナル型に馴れた耳には、ちょっと浮いた感じはしますが、とりあえず、落ちる気配はないですし、そこそこ良く聞こえます。でも、カナル型に変換するイヤーピースみたいのがあれば、もっといいかも。

2.位置に結構気を使います。
肝心の通話性能ですが、思ったよりは微妙。
イヤホンの位置がベストポジションからずれていると全く伝わりません。自分のベストポジションは頬骨のちょっと下あたりですね。聞こえないと言われたら、少し角度を変えてみましょう。
角度が合えば、結構な騒音でも、それなりに無効に伝わります。ただし、あまりにも騒音がひどい場合は完全にカットはされないみたいです。そして、そこそこ大きな声を出さないと伝わりません。

3.音が小さい時は・・・
説明書に記載があるのかないのか? 携帯電話本体での音量調節の他に、イヤホン本体での音量調節があります。方法は通話ボタンをダブルクリックで二回目を長押し・・・でいいと思う(ちょっと自信ない(^_^;)。押したままにしていると音がだんだん小さくなった後、また大きくなってくるので、程良い所で指を離してください。
なお、本体における音楽再生時と通話時の音声の大きさは別々の設定です。なので、117などで話しながら機械のボリュームボタンを押さないと、音楽だけ大きくて、通話は聞き取れないなんてこともあります。というか、経験しました(^_^;)
4.音質は
モノラルですし、音楽を聞くためのデバイスではないので、良くないです(^_^;)

5.siriには対応しているけど・・・
あんまり反応はよくないですね
音楽を開始したり、スキップしたりするボタンがないので、音楽を聞くのにはおすすめできないです

6.操作感
ボタンが上部に一つしかないので、フルフェイスヘルメットと一緒には使えないですね。せめてiPhone側に応答ボタンが出ると良いのですが・・・。上位機種では叩けば応答するらしいですが、ヘルメットの上からじゃ意味ないだろうなぁ。着信時に電話番号を読んでくれるのはいいような微妙なような感じです。
Skypeでの対応にも対応していないっぽいです。

7.設定
設定はJowBoneのサイトで行います。一応、アプリをインストールしておく必要はあるのですが、設定する場所はブラウザ上です。面白い作りだ(^_^;)
最初にここで、音声を日本語に変えておくのを忘れないようにしましょう。英語でもいいですけどね。
日本語でも色々な音声を用意してくれると嬉しいのですが。

 

全般的に辛口になってしまいましたが、騒音の中での通話は(ちゃんとはまれば)いいほうだと思います。ただ、コレジャナイ感は結構ありますね。イヤーピースがはまっていなくて、音の調整の仕方がわからなかったときは、本当に投げ捨てようかt・・・いやいや、色々とさわってチャレンジしました。まぁ、お金出せばちゃんとした説明書がついてくるやつを買えます(^^)

できれば戦車兵が使うような喉に当てるようなマイク、イヤホン部分も骨伝導で耳の横に当てるか、カナル型ではっきり聞こえ、落とす心配がないBluetoothのイヤホンマイクがあればぜひ買い換えたいですねd(^^)\(゚Д゚#)

 

iPhone5が届きました(^^)

良くも悪くも、今、話題になっているといえば、iPhone5ですね。

実は日本で最初に発売された3Gからのユーザーなのですが、買い替えは2年毎にしています。というわけで、今回晴れて、iPhone4からiPhone5へ乗り換えました!
そこで、早速、稚拙ながらも簡単なレビューをしてみたいと思います。

手に入れたのは発売された2012/09/21の翌日22日です。
いやー、がっつり並んで大変でした〜
ということはなく、ネット注文だったので、40分ほどブラウザの前に張り付いただけで予約できましたヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

到着したiPhone5の箱

20日に予約確定メールが来たときは小躍りしたものです(^^)
21日。いつもはなるべく目に入らないようにするニュースも今回は余裕綽々でみていたりしましたね。

箱を開けたところです。いやー、相変わらず上手くパッケージされています。今回は新しくなったイヤホンがプラケースに入っていて、より高級感を出していますね。

ただし、この中で使うのはLightning(充電・同期用USB)ケーブルだけです。Lightningとこれまでのアダプタの変換コネクタがついてくるかと思っていたら、ついて来ませんでしたorz
充電ケーブルとか変換コネクタとか、少なくとも一つづつ必要なのですが、どうやら10月末ごろまで売っていなさそうです(´・ω・`)

持ってみた感じです。この時点ではまだフィルムを剥がしていません。実物は思った以上に高級感があって素晴らしいです。キズなども特に見当たりませんでした。
やっぱり、最初に感じるのは薄さですね。他の方が言っているように、軽いという感じは、あまりしなかったのです。でも、4と比べると圧倒的に軽いですね。安っぽくない程度の程よい重さ、軽さです。寝っ転がってテキストやTwitterをチェックしていると、やはり腕の疲れ方が違います(^^) こういう時にジワジワと実感が来ますね(^^)

このあと、ネット手続きをした場合には機種変更とアクティベーションを自分で行わなくてはいけません。が、その前に・・・ケースと液晶画面フィルムを買いに走りましたヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ まぁ事前に用意しておけって話です。

あ、こんなのもついていました。ただ、あまりストラップつける主義ではない(というか、iPhoneにはストラップホールがない)ので、どうするか悩み中です。

買ってきたケースとフィルムです。ケースは薄さを重視しました。ストラップホールと差し込んでスタンドにできるストラップ、ホームボタン用デベソシールがついています。本当はクリアタイプが欲しかったけど、なかったので、チタン色塗装タイプ。なかなかよいです。オススメ。

フィルムは指紋が付かないのをいつも選択しています。今回は光沢・指紋防止タイプを選択。実際に使ってみたら、かなりクリアなタイプで、かつ指紋も目立たないという奴でした。マットタイプよりも綺麗に見えます。映り込みするのはイマイチだけど、凄い見やすいのでオススメです。

 

SIMカードを入れるにはこいつを使います。本体が入っていたスペースのいっこ下に入っていた奴についてました。最初拭く布とおもっていたですが、それは付かなくなりましたね

例の林檎シールや説明書(?)もここに入っています。これを本体右横の小さな穴に突っ込みます。結構深く突っ込まないと出てこないです。

 

機種変更とアクティベーションに関しては殆どの方はショップにてやってもらうと思うので、割愛です。

iTunesと動機すれば、ほぼ以前と同じように使用できます。
ただし、パスワードなどは忘れてしまっているので、どこかにメモを残すようにしておきましょう。私はGoogleドライブ等にまとめています(^^ゞ

思った以上に画面は綺麗ですね。初期不良でやや黄色っぽかったり(?)、気泡がでていたりすることがあるようですが、自分のは全く問題ありませんでした(画面右の写真がやや黄色いのはアプリの背景設定で紙色を選択しているからです)。黒を使えば、縦長画面に対応していないアプリも違和感なく使えます。むしろ今まで使っていた4より圧倒的に綺麗です(マットタイプのフィルムを使っているせいだと思います)。スピードもかなり早くて、サクサク。 実に素晴らしいです(^^)
ただ、私は手が小さいので、片手で使うのはちょっとつらいかなという気がします。馴れの問題かもしれませんが・・・

マップは噂通りのスカスカですね。画像は事務所に近い武蔵小杉駅(事務所は横須賀線口が近く、これは南武線口なので、正確には少し遠いですが) ですが、駅が見当たりませんね(^^ゞ

とりあえず、ネットのgoogleマップをホームに追加しちゃいます。

1.safariを起動
2.URL欄に maps.google.co.jp と入力
3.一番下真ん中の四角に矢印のアイコンをタップ
4.ホーム画面に追加を選択
5.名前を決めて、実行

 

※その後、こちらのページ(iPhone 5やiOS 6端末でGoogleマップのWebアプリをフルスクリーン表示する方法 )を参考にして、以下のように変更しました

1.safariを起動
2.URL欄に以下の呪文を入力(このページをiPhoneで開いてコピペすると良いと思います)

data:text/html;charset=UTF-8,<title>GoogleMaps</title><meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes"><link rel="apple-touch-icon" href="http://farm5.staticflickr.com/4035/4564840873_85c02262e9_z.jpg"><script>if(window.navigator.standalone){location.href="https://maps.google.co.jp/";}else{document.write("ホーム画面に追加")}</script>

3.一番下真ん中の四角に矢印のアイコンをタップ
4.ホーム画面に追加を選択
5.名前を決めて、実行

その他、代替マップアプリはもともとゴソゴソ入れています(^^ゞ出張修理では所在地情報が必要ですからね(それでもわからないところは時折ありますが・・・)

今回のiPhone5。iPhone4を使っていて不満のある方は是非お買い替えください。満足度が高いです。
そして、ツートンカラーにがっくりしたあなた。実物はかなり印象違いますよ

iPhone4Sなら、どちらでもよいですね。じっくり触ったことはあまり無いので何とも言えませんが。

以上、簡単なレビューでした

 

 

iPhone5発表になぜワクワクしないのか

iPhone5

先日iPhone5が発表されて、予約も始まりましたね。
iPhone5の詳細については他のページが詳しいので、そちらにお任せします。
今回はそのことについて思ったことをつらつらと書いていこうかなと思います。

友人に「(すべての事象・製品等は)食物と同じで腐りかけが最も良い時期だ。それまでは急速に伸びていき、それ以降はゆるやかに衰退していく」みたいなことを言っている人がいる。正確ではないし、曲解しているかもしれないが、だいたいそんな感じ。

iPhoneに関しては4Sないし、今回の5がそれ(腐りかけ)に当たることになりそうな気がしてならない。4Sあたりから、大体完成されていて、5では性能は上がっているが、イノベーション的には衰退していると思うのです。
アップル製品で言えばMacProなんかはほぼ腐っている。これは業界全般にも言える。PC全般の性能が底上げされたことで、ゲームマニアや3D、映像関係者などの一部ユーザ以外には一般用PCでも十分な性能を持つようになった。ゆえに高級PCに対する需要が少なくなってしまい、製品の開発や発展が滞ってきているからだ。
NECなどはすでに一体型とノート型しか販売していないらしい。

今回のiPhone5。売れ行きは今のところ好調そうな気配だが、全般的に反応は薄い。

・画面の大型化(全体的に広がって欲しかったのですが・・・)
・搭載されるiOS6はGoogleとの契約切れによるマップの劣化(2012年9月現在)
・siriのマイナーアップデート(しかも日本じゃほとんど意味なし)
・CPUの進化(2倍の性能が本当なら大したものではあるのだけど)
ぐらいしか目玉がない。

どれも旧型からの焼き直しか劣化で、驚きや革新とはいえないものばかり。
皆はまたAppleがとんでもないことをやってくれるのではないか、いい意味での裏切りがあるのではないか、と期待していたのに、出てくる内容はリーク済みで焼き直しのものばかり。期待が大きかった分、悪くないのにガッカリ感が出てしまうのですね。

ただ、iPhoneは奇数世代に大きく躍進することが多い(5は6番目)。初代、3GS、4S等。次の機種で大きなイノベーションが出てくれば、まだまだ腐っていないという証明になるかもしれない。ただ、それに失敗すればAppleはゆるゆるとした衰退に向かっていくと予想しています。

私は自他共に認めるApple好きなので、できれば、ジョブス氏亡き後も一層の盛り上がりを期待したいですね。
あ、もちろん、なんだかんだ言って、自分も予約済みです(`・ω・´)

 

 

ケースファンを修理してみた

夏になーれば思い出す〜 というわけで、PC内部の温度上昇が気になる季節になって来ました。
うちにある自作PCの一つは中古のケースを当時の同僚からもらってきたやつです。もちろん普段使いには全く問題はないのですが、いかんせんケース廃棄用のファンがうるさくて繋いでいなかったのです。ずっと忘れてたのですが、先日ふと思い出し、このケースファンを修理することにしました。

外してみると埃がびっしりついています。まぁ壊れてもいいしということで、軽く水洗いしてホコリを落としました(良い子のみんなは真似しちゃいけないよ!)。写真とっておけばよかったな(^^ゞ
 しっかり乾かした後で、いよいよ分解です。まずは表のシールを剥がします。するとファンの軸が見えます。よく見ると奥にワッシャーのようなものがあります。これを精密ドライバーのマイナスで慎重にこじって取り外します。

分解したファンがこちら
分解したファン01
分解したファン02

内部も汚れていたので、汚れを拭き取り、軸にグリースを塗って元に戻しました。
このワッシャーのハマりづらいことと言ったらなかったです(´;ω;`)

電源をつないでみると、劇的に静かに回転してくれました(^^)
やってみるもんですねぇ。
でも、失敗した時用に別途ファンを買ってきていたので、このファンはHDDの上においています(^^ゞ
まぁノートPCのCPUファンとかみたいに替えがない場合を除いて、やっぱ買い直したほうが楽ですねヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

 

Tags:

BootCamp領域のWin7が起動しない

 BootCamp領域でWin7を動かしているが、スタートアップ修復を繰り返すだけで起動しないというお客様。

 いろいろと、通常のWindowsの修復を試みて見ましたが、まったくだめ。仕方なく、お預かり修理をさせて頂きました。そこで、色々と調査してみると、どうやら、BootCampドライバのアップデートをしないと、Windowsアップデート後に起動しなくなるらしいということがわかりました。基本的にはMacBookAirで起きる症状のようですが、同じような感じです。後日伺感じではBootCampドライバを入れずに使用していた様子。BootCampドライバをWin7に入れるには後述するような特殊な操作が必要ですし、Win7の対応は3.2からですから、不便も多かったかなぁと想像できます(グラフィックドライバが対応していないので、画面が大きくなったりとか)

 もうこうなったら、リストアというか、再インストールしかしようがありません。バックアップ後にBoot Camp領域を一度消去してから再作成し、インストールです。無事起動できるようになりました。
 その後、OS10.6のディスクを入れて、BootCampドライバをインストールしようとしましたが、できません。
そう、10.6にデフォルトで入っているBoot CampドライバはVistaまでの対応なので、できないのです。
しかも、3.2はアップデータしかないので、順番にバージョンアップしていかなければならない。
 困ってしまいましたが、とりあえず、コマンドプロンプトでインストールして見ることに。

コマンドプロンプトを管理者権限で起動してから、以下のように打って行きます。

> D:   ・・・Dドライブ(DVDドライブ)に移動
> cd Boot Camp/Drivers/Apple/ ・・・ドライバのあるディレクトリに移動
>msiexec /i BootCamp64.msi   ・・・64ビット用インストーラを起動

これで無事にBoot Campをインストールできました。
あとはAppleのアップデータからガンガンアップデートしていくだけです。
ただ、Apple製の無線キーボードを認識してくれません。
これは自動ではなく、コンパネのBlueTooth機器から登録しなきゃいけないです。
というわけで、これも使えるようになって、問題なし(゚∀゚)
あとはユーザの作成や必要なデータのコピー等をして作業完了。

案外とBoot Campは癖が強いので、素人お断りな部分がありますねぇ(^^ゞ

 

パソコンが止まった時の対応法

何かの処理するとき、パソコンがなかなか反応しない時が
あります。こんな時、焦ってリセットしたり、いきなり
シャットダウンをしたりするのは、あまりお勧めしません。
 というのも、一見止まっているように見えても、パソコンが
裏で何かの処理をしている時があるからなんです。

 あきらかに動作がおかしいなと思ったときはまず、以下の
点を確認してください。

1.HDDのアクセスランプが点いているか
 WindowsPCの場合には必ずHDDのアクセスランプがあり
ます。そこが点滅しているか、つきっぱなしの場合には裏で
パソコンが作業をしている証拠です。特に起動してすぐの時
にはよくあることですね。
 Macの場合にはこういったHDDランプがありませんので、
こういったフリーウェアを入れておくと良いかもしれませ
ん。

Disk LED 

 残念ながら、今はMacAppStoreでの配布のみみたいですね。
OS9以前ならノートンユーティリティーズの中に同様のユー
ティリティが入っていますね。
 私の場合、Macでは時計表示で「秒を表示する」と「:を
点滅する」も有効にしています。意外とコレがフリーズの目
安になることもあります。

2.タスクマネージャーでCPU利用率を確認する
 Windowsの場合、Ctlr+Alt+Deleteでタスクマネージャーを
起動することができます。タスクバーを右クリックしても選択
することができますね。
 ここで、CPUの使用率などを確認してみてください。
ただ、重い処理をしていないのに、異常にCPU使用率が
上がっていたり、ネットを利用していないのに通信量が
上がっている場合には、他の原因も考えられます。
Mac OSXの場合にはメニューバーの移動>ユーティリティ>
アクティビティモニタで同様のことが確認できます。

 両方を確認してみて、HDDランプがついていない、CPUな
ども動いている様子がない場合、フリーズしている可能性が
あります。その時にはアカウントのロック>ログアウト>再
起動>シャットダウン>リセットの順番で試してみましょ
う。決して、いきなり電源ケーブルを抜いてはいけませんよ。

 こういったフリーズのようになる原因はいくつかあります。
あまり頻繁に起こるようでしたら、プロの診断を受けてみると
良いかもしれませんね。

おまけ
USB HDDや、USBメモリなどはアクセス中に取り外すと、
ファイルが消えてしまう場合があります。
これらを取り外すときにはいきなり抜くようなことはせず、
Win 画面右端にある「ハードウェアを安全に取はずす」で
Macの場合はイジェクトしてから、しばらくおいてから
取り外すようにしたほうが良いです。
 万が一、消えてしまった場合でも、ファイルを取り出すことは
高い確率で可能ですので、ご相談ください。