パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

BCM42RLY サービス ID:7000 エラー

DELL Inspiron1318 Windows Vista SP2 32bitのノートPCで起動後すぐにフリーズするというお客様。特にネットワークに接続するとだめ。原因はHDDの不良クラスターだったようです。(事前に不良クラスタが多すぎないかチェックしてから)コマンドプロンプトでchkdsk c: /r とかけて、症状そのものは治まったのですが・・・
システムログをみてみると以下の様なエラーが、満載。

BCM42RLY サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした。
指定されたファイルが見つかりません
イベントID:7000
(一部略)

依頼の症状が出る前から結構出ているので、直接は関係ないし、PCも問題なく動いているのですが、なんか気持ち悪い。
調べてみると、ネットワークドライバ関係のエラーらしいのですが、ドライバをクリーンインストールしても、最新版にしてみても症状は治まらない。ネット自体はできているので、放っておいても良かったんですけどね。
お預かりした上に、お渡しまでに時間があったので、ちょっと色々調査してみました。

で、散々悩んだ末の結論。
レジストリの設定がちょっとおかしい。

解決方法:
1.ファイル名を指定して実行(Windowsキー+r)でregeditと入力、enter
2.レジストリエディタが起動するので、念のため、現在の状態を保存。
3.以下の設定値を3から4に変更。もともと4だった場合はそのままにしておく。

HKLM\System\ControlSet001\Services\BCM42RLY\start
HKLM\System\ControlSet002\Services\BCM42RLY\start
HKLM\System\CurrentControlSet\Services\BCM42RLY\start

変更が終わったら、レジストリエディタを終了。
再起動してログを確認。
おぉ、エラーが消えた!

というわけで、今回は本当にメモ的な記事でした。
だって、日本語の記事全然ないし、変なアプリをダウンロードさせようとするページばかりだし・・・(^^;
レジストリを弄るのは多大なリスクが有りますので、試す方は自己責任でお願いします!

 

Win7が共有サーバのユーザ名とパスワードを覚えてくれない

今回は自分の環境のこと。
うちではMacとWin7環境、Linux環境(ファイルサーバ用)が混在しています。これらを互いにネット共有して便利に使っているわけです。特にiTunesなんかはMacのほうが圧倒的に快適ですしね。
ところが、Win7からMacやLinuxのファイルサーバにアクセスしようとする時、毎回(というか、一度ログアウトやシャットダウンなどをした後)「資格情報を記憶する」にチェックをしているにもかかわらず、毎回これを入力するハメになるわけです。
これはめんどくさい!

 そこで、それっぽい設定とかあるのかなぁと思ったら、ありました。
コントロール パネル\ユーザー アカウントと家族のための安全設定\資格情報マネージャー
ってやつですね。
ここのWindows 資格情報のところから「Windows 資格情報の追加」をクリックし、以下のように入力します。
shikakumanager

・インターネットまたはネットワークのアドレス:サーバのアドレス(固定IPにしていない場合は共有名)>入れる必要があるかどうかは微妙?
・ユーザ名:サーバのアドレス(or 共有名)\(¥マーク)ユーザ名
・パスワード:ログインパスワード

という感じ。

これであっさりつながるようになりました(^^)

いつも気になっていたのですが、通常サーバごとにアカウントないしログインIDって存在しているのに、それ入れなくても大丈夫なの? と思っていたのですが、やっぱそれゆえに覚えていなかったんでしょうね。

 

Tags:

MacのSafariで見られないページを見る

MacのSafariは早くて綺麗に表示するので、便利ですね。

でも、稀にInternetExplorerにしか対応していないページがあり、上手く表示がされないなどの不具合がある場合があります。これはSafariが悪いわけではなくて、サイト作成側が敢えて(?)行なっていることなので、一Macユーザーとしては困ったことです(´・ω・`)

例えば、こちらはWin8のアップデートキャンペーンのページ

Win8アップデートページ

ここまでは表示されるのですが、次へボタンをクリックすると

Safariでは上手く表示できない

こんな感じで、ちゃんとした登録ページには移動してくれないわけです。ま、WindowsのページにMacで言っているから当たり前なんですけどね(^^ゞ ここは一例ということで。そういえば、以前某有料チャンネルのチャンネル変更とかも出来なかったけど、今はできるようになっているんだろうか?

閑話休題

もちろん、Windows PCを持っている場合等はそれを使ってもいいのですが、Macしか持っていないという場合や、他のブラウザを使いたくない(対応していない)という場合にはどうしようもない・・・・なんて思っていませんか?

実は結構なんとかなってしまうというTipsを今回はご紹介します。もちろん、難しい操作とかはありませんのでご安心ください。

1.Safariのメニューバー>Safari>環境設定を選ぶ

2.詳細タブの一番下にある「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックする

開発メニューをチェック

閉じたら、Safariのメニューバーに「開発」という項目が増えていることをご確認ください

3.まず、見たいページを開き・・・

メニューバー>開発>ユーザーエージェント>InternetExplorer9.0を選ぶ

SafariをIEに偽装

すると、ページの再読み込みを初めますので、読み込み終わるまで待ちましょう。読み込みが終わったら、「次へ」ボタンをまた押してみます

SafariでIE用ページが表示された!

とこんなかんじでバッチリ表示されました! (・∀・)

いかがでしょうか?

この方法を知っていると、Safariだけで作成したHPが各ブラウザでどのように表示されるかをチェックするすることもできたりします(というか、それが本来の使い方)

ぜひお試しあれ

※画像内に私のMac環境で入っているSafariの機能拡張やMacのアプリが写り込んでいますが、それは無視していただいて結構です(^^ゞ

 

 

Tags: , , ,

MacでRSS読むならNet NewsWireがオススメ

今回はOSXでRSS読むツールの紹介です。

RSSというのはブログやニュースなどのホームページを閲覧する際に、タイトルや要点だけをリスト化して効率良くする仕組みです。説明が適当なので、詳しいことはググってくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

で、自分はずっとSafariのブックマークツールバーにRSS用のフォルダ作って、底から興味があるタイトルの記事だけ見ていました。ところが、OSX10.8が出た時、Safariもアップデートされたわけです。もちろん他のOSバージョン用でもこのSafariは無償アップデートの対象です。何の気もなしにアップデートしてみたら、RSSがSafariから見られなくなっている! どうも以前から発表はされていたのですが、昨年身内に不幸があり、てんやわんやで情報を得られなかった次期だったようで見逃していたみたいです。

そこで、なんとかSafariでRSSが見られるようにならないか? とか、いろいろ探っていたのですが、上手く見つからず。それだけのためにTimeMachineでバージョン下げるのもなんかいやだ。というわけで、RSS閲覧ツールを幾つか試して見ることにしました。
そして、紆余曲折を経て現在愛用しているのが、今回紹介する「NetNewsWire」というわけです(^^ゞ

■使用準備

NetNewsWireはGoogle リーダーと連携するアプリですので、まずはGoogle リーダーに見たいRSSを登録します。Googleアカウント(Googleメール)を持っていない場合は無料ですし、色々と捗るので、この際作ってしまいましょう。Android系スマートフォンを使用されている方は、気づかずに作っているかもしれませんね。

登録の仕方はサイトに寄って異なります。よく見るページ内やURL欄に

RSS登録マーク

みたいなマークがあれば、クリックして登録先をGoogleリーダーにしてやれば良いです。
なければ、登録したいホームページのURLをコピーして、Googleリーダーのページ左上にある登録というところをクリックして、URLをコピペしてください。

さて、肝心のNetNewsWireはここからダウンロードできます。英語のページですが、Downloadってでっかく書いているところをクリックするだけだから、問題ないでしょう。
Mac版は無料です。iPad、iPhone版は有料みたい。

 

■初期設定

ダウンロードしたら、NetNewsWireをApplicationフォルダにでも移動し、必要ならドックに登録してやってください。 起動したら、初期設定をします。

たしか、最初の起動の時にGoogleアカウントを聞いてきますので、ユーザ名にGoogleメールのアドレス、パスワードにそのパスワードを入力して登録します。
あとから変更する場合には メニューバー>NetNewsWire>Prefarence>Syncingタブに入力するところがあります。
登録したら、勝手にGoogleリーダーに登録していたRSSを読み込んでくれるはず。

後は基本デフォルトのままで良いでしょう。

■使いかたと使い勝手

このアプリ、何がいいって、まず読み込みが早いです。これのまえにつかっていた某アプリでは既読記事まで読み込んでいたので、読み込みにすごく時間がかかっていました。そして、前に読んだ記事を何度も見るハメになるので、かなり辟易としていました。でも、NetNewsWireにはそんなことありません。起動は早いし、未読のみサクッと表示します。バッジで何件の未読があるかもわかります。画面は見ての通り、一般的なメールソフトに酷似していますから、迷うことはないと思います。
左側に登録RSSのリスト、右上にタイトル、右下に記事が出ます。表示方法は変更も可能です。

特にここだけ先に見たいというページがなければ、素直に左上にあるLatest Newsをクリックしてください。右上に未読の記事の一覧が出てきます。

さて、ここからが真骨頂。
このアプリあまりマウスの操作が必要ありません。
最低限覚えるべき操作は下の3つだけです

1.記事の移動、ページスクロール > スペースキー
2.記事の詳細を開く > リターンキー(Enterキー)
3.記事の詳細を閉じる > コマンド+w

マウスを使うのは
・記事の詳細内のリンクを開く
・タイトルを右クリック(Control + クリック)してリンクをデフォルトブラウザで開く
(基本このアプリ内で完結できますが、はてブなどに登録したい場合やFacebookなんかに投稿したい場合にはブラウザで開いたほうが便利なことがあるので) >もしショートカットがあれば教えてくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

という場合のみ。 基本的にスペースキー連打でガンガン読み進めていきます。

読み終わったら、定番のコマンド+qで終了。

この操作の簡単さと軽さが良いです。

是非お試しください(^^ゞ

 

SSL(https:)のホームページが見られない

稀に、普通のホームページ(以下HP)はみられるのに https: などで始まるSSL通信を使ったHPやWebサービス(クレジット決済・銀行取引など)が使用できないという事があります。
偏見かもしれませんが、こういうのは主にWindows機で起こることが多い感じがします。LinuxやMacで起こる場合はサイト側に原因があることが多いですね(^^ゞ インターネットエクスプローラーしか対応してませんとか。

こういう場合、結構簡単に治ることが多いです。以下の3点を確認してみましょう

1.パソコンの時間はあっている?
上記にてWindows機で起こることが多いという最たる理由がこれ。特にXP機ですね。XPからネットのサーバを利用して時間を合わせるようになっています。しかし、デフォルトのMSのタイムサーバーが繋がらず、時間が狂っている場合があるんですね。

この場合、時間をあわせてあげて、できれば時間合わせるサーバ(NTPサーバ で検索してみてください)をもう少し信頼の置けるところに変更しておくとよいでしょう

 2.インターネットオプションを確認してみる
コントロールパネルにあるインターネットオプション(IEでもメニューを有効化しておけば直接いけます)にてSSLとTLSのところにチェックが入っているか確認しましょう。SSL2.0は特別必要な時以外はチェックを外していても大丈夫です。特に変わらないようなら、元に戻しておいたほうが良いかも?  まぁ、不都合なければどっちでも良いです

3.ファイヤーウォールやアンチウイルスソフトを無効にしてみる
最近のアンチウイルスソフトにはインターネット対策もされているものが多いです(というか、そうでなければあまり意味無いです)。この中のファイヤーウォールというネットワーク信号の通過を選別する仕組みがあるのですが、これが邪魔をしている場合があります。当然Windowsにも標準である機能なのですが、アンチウイルスソフトは勝手に判断して遮断することがあります(頻度や誤りはアプリによりけりです)。なので、一時的にこれらをオフにしてみてつながるかどうかを試してみてください。
なお、HPの中には特殊なアプリを介して取引や作業を行うページもあります。アンチウイルスアプリがこれらのアプリの通信を邪魔している可能性もあるので、ファイヤーウォール機能だけではなく、全体を無効化してください。
上手く通過するようなら、それが原因ですので、設定を再確認し、修正します。

上記で治らないようであれば、サイト側の原因(トラブルやメンテナンス中)であったり、その他の原因であることが考えられます。
(いつか、他のHPは繋がるのにPS3でソニーオンラインだけつながらないということがありましたが、あっさりメンテナンス中でした(^^ゞ)

 

ネットワークがつながらない時の原因解明

ネットワークがつながらない。遅い。結構、こういうトラブルはあります。
そこで、今回は、ネットワークトラブル時の原因解明の手順を紹介

まず、ネットワークにかぎらず、トラブル解決は手近で簡単なところから遠くの面倒なところへという順番で見ていきます。
やむを得ず、簡単な専門用語などが出てきます。ご了承ください。
また、説明はWindowsでの場合を想定しています。
※もちろんMacでも同様の作業は可能ですが、設定を見るべき場所や一部のコマンドが異なります。

1.Ethernetケーブルの確認
抜けかかっていたり、断線していたりなんてことは意外とあったりします
コネクタを押し込んでみたり、変えてみたりしてみましょう。
あ、もしトラブルが起こっているのが、初めて配線したネット環境だったり、会社など複数人で使うネットワークなら、この時点で全体の配線・接続が間違っていないかどうかも確認しておきます。
個人の家等で配線が勝手に変わることはありませんが、会社などだと色々調べた結果、ケーブルがループしていたなんてオチもあったりします(^^ゞ

2.NICのランプはついているか
NICって要はEthernetケーブルが刺さっているところ(の機械・回路・基盤)です。
ケーブルを認識していて、信号の送受信をちゃんとしているならランプが点滅しています。
ただし、マザーボード一体型などでランプがない場合もあります。

3.NICやネットを認識しているか
このへんから、ちょっとだけ難しくなってくるかも?
Windowsがちゃんとネットを認識しているか、認識していないなら、NICはデバイスとして認識されているかを確認します。ネットとして認識しているかはデスクトップ右下の方の小さなアイコンなどでわかると思います。
また、コマンドプロンプトでIPアドレスなどを確認しておくとよいでしょう。
ウィンドウズキー+r > cmd と入力してEnterキー > ipconfig /all
です。ただ、少しでもネットワークをかじっていないと意味はわからないかも?
デバイスは認識しているのに、このコマンドで何も出てこなければネットワークの設定が間違っています。

デバイスの認識はデバイスマネージャーで確認します。
マイコンピュータを右クリック>プロパティ>ハードウェア>デバイスマネージャー>ネットワーク機器
のところですね

4.ネットワークはどこまで通じているかを確認
ここまできたら原因はPC本体以外にある可能性が高いです。
先ほど起動したコマンドプロンプトにて、どこまでネットワークが通じているか確認します。
使用するコマンドはpingやtracertあたりをよく使います。
これでルータまでは通じるが、インターネットまで行かない場合はルータないし、モデムの不具合。
場合によってはプロバイダ側のトラブルという可能性もあります。
ルーターまで通じない場合はスイッチ(ングハブ)かルータの不具合となります。

 

簡単ですが、たいていの障害は以上で原因が判明します。
お試しください( ^ヮ^ )ノ

 

 

Tags: