パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

Windows8、Windows10でセーフモード

(かなり久しぶりの投稿な上に、ほぼ画像用意してません。すいません)

Windowsが起動しなくなった! (電源は入るけど、途中で止まる)といった時。
まずはセーフモードで起動するかどうかを試します。
セーフモードで起動できるなら、原因は起動時に何かしらのアプリやウィルスが起動を邪魔しているとほぼ特定できるからです(当然、それ以外の場合もありますが)

一般的にOSが起動しない場合のセーフモードの起動方法は
・Windows7以前 > 電源スイッチをおしたらF8連打! > セーフモードで起動(以下F8起動) ※できないメーカーもあります
・Windows8以降 > ①タイル状の画面が出るので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動後、4
②ログイン画面等で、シフトキー押しながら、電源マーク>再起動

なのですが!
Windows8/8.1/10の場合、ログイン画面までいかない、パスワード設定していない場合、通り過ぎて真っ暗画面で止まる等、通常の方法が使えないことが多いです。

なぜ、こんな仕様にした!?

では、以前のように「F8連打で、セーフモードにできないの?」
と思いますよね?
実は、できないこともないです。
ただし、ちょっと面倒です。ついでに、修復ディスクを事前に作成しておくか、使用OSのインストールディスクが必要です。

毎度のことながら、作業は自己責任でお願いします。

0.UEFIの設定でFAST BOOTを無効、一応修復ディスクやインストールディスクで使用するメディアをBootの最優先にしておきます。

1.修復ディスクかインストールディスクで起動

2.システムの修復・・・までいくのは面倒なので、キーボードの種類を選択する画面がでたら、「Shift+
F10」でコマンドプロンプトを出します。

3.bcdedit /v でブートローダの情報を取得

4.ブートローダの identifierの情報をコピー(Ctrl + c)

5.bcdedit /set {コピーしたidentifier} bootmenupolicy legacy
 と入力
 (貼り付けは Ctrl + v)

6.終了して再起動
7.UEFIの起動順は元に戻しておいたほうが良いかも

※設定を戻すときは bcdedit /set {コピーしたidentifer} bootmenupolicy standard

これでWindows8.1やWindows10でF8モードが使用できるようになります。
ただし、残念ながら「システム障害時に自動的な再起動を無効にする」を選択してもブルースクリーンは出てきません( ノД`)

なぜ、こんな仕様にした!?

 

Tags: , ,