パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

Windows8、Windows10でセーフモード

(かなり久しぶりの投稿な上に、ほぼ画像用意してません。すいません)

Windowsが起動しなくなった! (電源は入るけど、途中で止まる)といった時。
まずはセーフモードで起動するかどうかを試します。
セーフモードで起動できるなら、原因は起動時に何かしらのアプリやウィルスが起動を邪魔しているとほぼ特定できるからです(当然、それ以外の場合もありますが)

一般的にOSが起動しない場合のセーフモードの起動方法は
・Windows7以前 > 電源スイッチをおしたらF8連打! > セーフモードで起動(以下F8起動) ※できないメーカーもあります
・Windows8以降 > ①タイル状の画面が出るので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動後、4
②ログイン画面等で、シフトキー押しながら、電源マーク>再起動

なのですが!
Windows8/8.1/10の場合、ログイン画面までいかない、パスワード設定していない場合、通り過ぎて真っ暗画面で止まる等、通常の方法が使えないことが多いです。

なぜ、こんな仕様にした!?

では、以前のように「F8連打で、セーフモードにできないの?」
と思いますよね?
実は、できないこともないです。
ただし、ちょっと面倒です。ついでに、修復ディスクを事前に作成しておくか、使用OSのインストールディスクが必要です。

毎度のことながら、作業は自己責任でお願いします。

0.UEFIの設定でFAST BOOTを無効、一応修復ディスクやインストールディスクで使用するメディアをBootの最優先にしておきます。

1.修復ディスクかインストールディスクで起動

2.システムの修復・・・までいくのは面倒なので、キーボードの種類を選択する画面がでたら、「Shift+
F10」でコマンドプロンプトを出します。

3.bcdedit /v でブートローダの情報を取得

4.ブートローダの identifierの情報をコピー(Ctrl + c)

5.bcdedit /set {コピーしたidentifier} bootmenupolicy legacy
 と入力
 (貼り付けは Ctrl + v)

6.終了して再起動
7.UEFIの起動順は元に戻しておいたほうが良いかも

※設定を戻すときは bcdedit /set {コピーしたidentifer} bootmenupolicy standard

これでWindows8.1やWindows10でF8モードが使用できるようになります。
ただし、残念ながら「システム障害時に自動的な再起動を無効にする」を選択してもブルースクリーンは出てきません( ノД`)

なぜ、こんな仕様にした!?

 

Tags: , ,

iPhone5用 バッテリーケース HY-IPJ1を買ってみた

 iPhone5を愛用していますが、仕事でカーナビとしても使用しています。ただ、移動手段が屋根付きバイクなので、シガレットソケットがなく、電池が一日持ちません。故に外部バッテリは必須でした。
そこで、iPhone5用のバッテリ付きケースなんかよさそうと思って探していたのですが、なかなか条件に合うものがありません。

自分の中で購入したいと考えるポイントは
1.側面・背面をすべてカバーしていること
 結構上部はむき出しっていうバッテリケースが多かったので。でも、さすがに不安です。

2.一回くらいはほぼフル充電できること
 でないと意味が無いですよね

3.装着したまま同期や充電ができること
 いちいち外すのは面倒ですからね

4.リチウムポリマー(or リチウムイオン)バッテリを使用していること
よく考えたら、毎日充電するので、コレはあまり必須ではなかったです。
ただ、へたなバッテリは放っておくとどんどん放電していき、いざという時に空っぽということが多かったのです(現在は改良されている?)
だから、自分が使用していた外部バッテリはSANYOのエネループシリーズのものでした
現在はPanasonicに買収されちゃいましたね(T_T) カンバックSANYO(もはやパナソ側からも9割解雇らしいですが・・・)
後継機はこれかな?
Panasonic Qi対応(無接点充電対応) USBモバイル電源 リチウムイオン【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル】 5,400mAh 白 QE-PL202X-W

5.価格が安いこと
貧乏ですからね(^^ゞ

と、悶々としていたところに、飛び込んできた新製品ニュース。しかも限定価格らしい。それで気がついたら注文していましたヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

購入したのはこちらのバッテリケースHy+ iPhone5用 バッテリーケース 充電器 2000mAh HY-IPJ1 延長イヤホンケーブル付き iTunes同期可能 ブラック

おどろくほど上記条件にピッタリ合っています。しかも、大抵1万円近くするバッテリケースの中で、おどろきの3000円台。ただし、500台限定? らしいです。まだ在庫はあるみたいですけどね(執筆時)。

■早速レビュー

表面にはゴムっぽい塗料が塗られているため、滑らず、冷たくなくて良い感じ。
装着して持ってみると、多少重くなります。なんかiPhone3Gを持った時の感覚に近いですね。
裏面にはバッテリ容量を示すブルーのLEDが4つついています。
装着は上部がパコッと外れるので、外します。中にLightning端子があるので、底にハマるようにスライドさせて差し込みます。あとは蓋を閉めるだけ。簡単です。
ただ、若干表面ははみ出し気味ですね。不安なので、衝撃吸収液晶保護フィルムを別途購入して張り替えました。

Buff ウルトラ衝撃吸収プロテクターfor iPhone 5 フロントタイプ BE-005C

イヤホン部は奥に引っ込んでしまうため、延長用のイヤフォンケーブルがついてきます。自分はおおよそBluetoothイヤホン使っているので関係ないですね。
充電および同期はmicroUSB端子になります。ケーブルはもちろんついています。ほとんどのAndroid端末はこの端子ですので、100円ショップでも売っていますね。バッテリの充電には5時間ほどかかりますので、寝る前に充電しておきます。

装着したからといって、常に充電しているわけではないです。背面にあるボタンを長押しすると充電を始めます。これまで、数回使用する機会がありましたが、ネットやカーナビでガンガン電力を使う使用方法でも、1日ですべてを使い切ることはありませんでした。
おかげで、長年連れ添ってきた外部バッテリは単なる荷物になりつつあります(^^ゞ
ただ、充電中は結構暖かくなりますね。夏に使用して胸ポケットとかに入れていると暑そうです。冬は逆に暖かい(^^)

ほんの少し残念なのはLightning端子が隠れてmicroUSB端子になるため、Lightning端子を使う外部機器が使えないこと。まぁ、まだあまり出ていないですし、そんな機器使う人は殆どいないでしょうから問題ないと思います。

結果かなり満足度の高い商品でした(^^)

 

Win7が共有サーバのユーザ名とパスワードを覚えてくれない

今回は自分の環境のこと。
うちではMacとWin7環境、Linux環境(ファイルサーバ用)が混在しています。これらを互いにネット共有して便利に使っているわけです。特にiTunesなんかはMacのほうが圧倒的に快適ですしね。
ところが、Win7からMacやLinuxのファイルサーバにアクセスしようとする時、毎回(というか、一度ログアウトやシャットダウンなどをした後)「資格情報を記憶する」にチェックをしているにもかかわらず、毎回これを入力するハメになるわけです。
これはめんどくさい!

 そこで、それっぽい設定とかあるのかなぁと思ったら、ありました。
コントロール パネル\ユーザー アカウントと家族のための安全設定\資格情報マネージャー
ってやつですね。
ここのWindows 資格情報のところから「Windows 資格情報の追加」をクリックし、以下のように入力します。
shikakumanager

・インターネットまたはネットワークのアドレス:サーバのアドレス(固定IPにしていない場合は共有名)>入れる必要があるかどうかは微妙?
・ユーザ名:サーバのアドレス(or 共有名)\(¥マーク)ユーザ名
・パスワード:ログインパスワード

という感じ。

これであっさりつながるようになりました(^^)

いつも気になっていたのですが、通常サーバごとにアカウントないしログインIDって存在しているのに、それ入れなくても大丈夫なの? と思っていたのですが、やっぱそれゆえに覚えていなかったんでしょうね。

 

Tags:

年賀状の季節だし、フリーの日本語フォントまとめ

はやいもので、もうそろそろ年賀状の心配をしなければいけない時期ですね。
住所の打ち込み・修正も大変ですが、人によっては裏面のデザインにも迷うのではないでしょうか?
特に、文字を付属のMSゴシックやMS明朝でだすのも寂しいですよね。

そこで、年賀状作成にも役立ちそうなフリーの日本語フォントをいくつかまとめてみました。
もちろん、無料で使用は可能なのですが、ただ、幾つかの点でご注意ください。

・商用では無料で使用できない場合があります。
各サイトの注意書きをよく呼んで、ご利用ください

・フォントの入れ過ぎはシステムを重く不安定にする場合があります。
厳選したフォントのみインストールするようにしてください。

・一般的に一つのデザインにフォントは3つまでに抑えたほうが良いという通説があります。

・漢字や記号が一部または全て入っていないフォントもあります。

・フォントにはPostScript、TrueType、OpenTypeなどの種類があります。Windows、Mac問わずに使えるもの、それぞれを用意しているサイトなどありますが、どちらかにしか対応していない場合もあります。
一般的にはOCFなどのPostScript系はダウンロードしないほうが良いでしょう。
また、XPでOpenTypeは基本的に使用できないと思ったほうが良いです。

・通常インストールはインストーラがあったり、ダブルクリックすれば所定の場所にインストールされたりします。まずは付属のテキストファイルなどを読むようにしましょう。

・できれば、作者の方に感謝の気持を・・・

 

フォントポ

fontopo
無料、商用可能な日本語フォント、欧文フォントが無料でダウンロードできます。
他にも、ニクキュウ、オリエンタルなど可愛い感じのフォントが何種類かあります。

 

たぬきフォント

たぬきフォント

JIS第二水準漢字入りフリーフォント「たぬき油性マジック」「ようじょふぉんと」などいくつかのフォントを無料公開中
商用もフリーでご利用頂けます

 

あんずもじ

あんずもじ

6種類の手書き風フォントが無料でダウンロードできます

 

ふい字

ふい字

おひさま

まきばフォント

ふい字、おひさま、まきばフォントと3種類のフォントがダウンロードできます。TrueTypeです。

 

Typing Art/タイピングアート

こどもフォント

はんなりフォント

日本語フォント(和文)や、英字フォント(欧文)が無料でダウンロードできるウェブサイトです。数種類のフォントがダウンロードできます。

サイト内の使用上の注意をよく読んでご利用くださいとのこと

 

武蔵システム

衡山毛筆フォント

何種類か毛筆系のフォントを無料ダウンロードできます。

こちらではフォント作成ツール(有料)や有料フォントもあるみたいですね

 

白舟書体

篆書・楷書・行書など様々な毛筆フォントをフリーでも配布している、古参のフォントメーカーです。アニメなどでもここのフォントを使っていることが、けっこうあった記憶がかすかにあります。
無料フォントのダウンロードは左側の無料ダウンロードというところから。

他にも印章画像を作ったりすることなどもできます。

 

まだまだ私のブックマークにはいっぱいあるのですが、このへんにしておきます。
それに、欧文フォントにはもっと多く無料のフォントがあったりします。
気に入ったフォントが見つかるとよいですね (^^)

 

※各サイトの管理者様等より削除依頼が来た場合などに訂正することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MacのSafariで見られないページを見る

MacのSafariは早くて綺麗に表示するので、便利ですね。

でも、稀にInternetExplorerにしか対応していないページがあり、上手く表示がされないなどの不具合がある場合があります。これはSafariが悪いわけではなくて、サイト作成側が敢えて(?)行なっていることなので、一Macユーザーとしては困ったことです(´・ω・`)

例えば、こちらはWin8のアップデートキャンペーンのページ

Win8アップデートページ

ここまでは表示されるのですが、次へボタンをクリックすると

Safariでは上手く表示できない

こんな感じで、ちゃんとした登録ページには移動してくれないわけです。ま、WindowsのページにMacで言っているから当たり前なんですけどね(^^ゞ ここは一例ということで。そういえば、以前某有料チャンネルのチャンネル変更とかも出来なかったけど、今はできるようになっているんだろうか?

閑話休題

もちろん、Windows PCを持っている場合等はそれを使ってもいいのですが、Macしか持っていないという場合や、他のブラウザを使いたくない(対応していない)という場合にはどうしようもない・・・・なんて思っていませんか?

実は結構なんとかなってしまうというTipsを今回はご紹介します。もちろん、難しい操作とかはありませんのでご安心ください。

1.Safariのメニューバー>Safari>環境設定を選ぶ

2.詳細タブの一番下にある「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックする

開発メニューをチェック

閉じたら、Safariのメニューバーに「開発」という項目が増えていることをご確認ください

3.まず、見たいページを開き・・・

メニューバー>開発>ユーザーエージェント>InternetExplorer9.0を選ぶ

SafariをIEに偽装

すると、ページの再読み込みを初めますので、読み込み終わるまで待ちましょう。読み込みが終わったら、「次へ」ボタンをまた押してみます

SafariでIE用ページが表示された!

とこんなかんじでバッチリ表示されました! (・∀・)

いかがでしょうか?

この方法を知っていると、Safariだけで作成したHPが各ブラウザでどのように表示されるかをチェックするすることもできたりします(というか、それが本来の使い方)

ぜひお試しあれ

※画像内に私のMac環境で入っているSafariの機能拡張やMacのアプリが写り込んでいますが、それは無視していただいて結構です(^^ゞ

 

 

Tags: , , ,

MacでRSS読むならNet NewsWireがオススメ

今回はOSXでRSS読むツールの紹介です。

RSSというのはブログやニュースなどのホームページを閲覧する際に、タイトルや要点だけをリスト化して効率良くする仕組みです。説明が適当なので、詳しいことはググってくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

で、自分はずっとSafariのブックマークツールバーにRSS用のフォルダ作って、底から興味があるタイトルの記事だけ見ていました。ところが、OSX10.8が出た時、Safariもアップデートされたわけです。もちろん他のOSバージョン用でもこのSafariは無償アップデートの対象です。何の気もなしにアップデートしてみたら、RSSがSafariから見られなくなっている! どうも以前から発表はされていたのですが、昨年身内に不幸があり、てんやわんやで情報を得られなかった次期だったようで見逃していたみたいです。

そこで、なんとかSafariでRSSが見られるようにならないか? とか、いろいろ探っていたのですが、上手く見つからず。それだけのためにTimeMachineでバージョン下げるのもなんかいやだ。というわけで、RSS閲覧ツールを幾つか試して見ることにしました。
そして、紆余曲折を経て現在愛用しているのが、今回紹介する「NetNewsWire」というわけです(^^ゞ

■使用準備

NetNewsWireはGoogle リーダーと連携するアプリですので、まずはGoogle リーダーに見たいRSSを登録します。Googleアカウント(Googleメール)を持っていない場合は無料ですし、色々と捗るので、この際作ってしまいましょう。Android系スマートフォンを使用されている方は、気づかずに作っているかもしれませんね。

登録の仕方はサイトに寄って異なります。よく見るページ内やURL欄に

RSS登録マーク

みたいなマークがあれば、クリックして登録先をGoogleリーダーにしてやれば良いです。
なければ、登録したいホームページのURLをコピーして、Googleリーダーのページ左上にある登録というところをクリックして、URLをコピペしてください。

さて、肝心のNetNewsWireはここからダウンロードできます。英語のページですが、Downloadってでっかく書いているところをクリックするだけだから、問題ないでしょう。
Mac版は無料です。iPad、iPhone版は有料みたい。

 

■初期設定

ダウンロードしたら、NetNewsWireをApplicationフォルダにでも移動し、必要ならドックに登録してやってください。 起動したら、初期設定をします。

たしか、最初の起動の時にGoogleアカウントを聞いてきますので、ユーザ名にGoogleメールのアドレス、パスワードにそのパスワードを入力して登録します。
あとから変更する場合には メニューバー>NetNewsWire>Prefarence>Syncingタブに入力するところがあります。
登録したら、勝手にGoogleリーダーに登録していたRSSを読み込んでくれるはず。

後は基本デフォルトのままで良いでしょう。

■使いかたと使い勝手

このアプリ、何がいいって、まず読み込みが早いです。これのまえにつかっていた某アプリでは既読記事まで読み込んでいたので、読み込みにすごく時間がかかっていました。そして、前に読んだ記事を何度も見るハメになるので、かなり辟易としていました。でも、NetNewsWireにはそんなことありません。起動は早いし、未読のみサクッと表示します。バッジで何件の未読があるかもわかります。画面は見ての通り、一般的なメールソフトに酷似していますから、迷うことはないと思います。
左側に登録RSSのリスト、右上にタイトル、右下に記事が出ます。表示方法は変更も可能です。

特にここだけ先に見たいというページがなければ、素直に左上にあるLatest Newsをクリックしてください。右上に未読の記事の一覧が出てきます。

さて、ここからが真骨頂。
このアプリあまりマウスの操作が必要ありません。
最低限覚えるべき操作は下の3つだけです

1.記事の移動、ページスクロール > スペースキー
2.記事の詳細を開く > リターンキー(Enterキー)
3.記事の詳細を閉じる > コマンド+w

マウスを使うのは
・記事の詳細内のリンクを開く
・タイトルを右クリック(Control + クリック)してリンクをデフォルトブラウザで開く
(基本このアプリ内で完結できますが、はてブなどに登録したい場合やFacebookなんかに投稿したい場合にはブラウザで開いたほうが便利なことがあるので) >もしショートカットがあれば教えてくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

という場合のみ。 基本的にスペースキー連打でガンガン読み進めていきます。

読み終わったら、定番のコマンド+qで終了。

この操作の簡単さと軽さが良いです。

是非お試しください(^^ゞ

 

Macを購入したら入れておきたいオススメアプリ 10選!?

 最近、iPhoneを購入してApple製品にはまり、Macを買っちゃったっていう人もいるのではないでしょうか? 実際のところ、MacってOSは軽いし、アプリケーションにもほぼ困ることはないです(ゲーム関係を除きますが)。
 特に、iPhoneがらみで、購入したなら、気になるのはiTunesですよね。Windows版では色々言われるiTunesですが、Mac版はデフォルトでインストール済みですし、結構軽いソフトです。あまりの快適さに驚くと思いますよ。Windows版からの移行も比較的簡単。

 さて、話がずれてしまいましたが、Macを始めて購入された方に、入れておいたほうが良いと思うアプリケーションをいくつか紹介したいと思います。なるべく無料のアプリを揃えています。
 なお、新規に購入した方が対象ですので、ほぼ10.7以降が対象となります。しかし、それ以前のOSでも動くアプリが沢山ありますよ

1.AppTrap -アプリケーションのアンインストール補助ソフト
 MacのアプリはOSX10.3頃から、HDDに直接コピーするだけという物が多いです。簡単でよいですね。というのも、実はひとつのアプリケーションに見える○○.appというファイルは、フォルダのようなもの=パッケージとなっており、その中に様々なファイルが隠れています。その中に、初回起動時、必要なファイルを所定の場所に作成したりするスクリプトなどが入っていたりするんですね。これはアプリを右クリック(Ctrl+クリック)して、「パッケージの内容を確認」という項目を選べば見ることができます。トラックパッドの場合は二本指+クリックですね。
 でも、その簡単さが仇となって、「アンインストールする場合はどうなるの?」ということになるわけです。
 答えは簡単。アンインストーラがない場合には、「ゴミ箱に捨ててください。」
と、ここで普通なら終わりです。まぁこれでも特に問題はありません。でも、実はシステムの奥に初期設定ファイルなどが隠れていたりするんですね。残っていても大した問題はないのですが、やはり気持ち悪いということもあるかと思います。でも、一つ一つ探して削除するのは大変。下手なファイルを削除してシステムを壊しても困りますしね。
 そこで、便利なのが、AppTrapというソフトです。
リンク 
 これをインストールしておくと、アプリをゴミ箱に捨てたときに、「関連するファイルもゴミ箱へ移動しますか?」と聞いてくれて、承諾するとそれらを自動的に削除してくれます。手動アップデートなどで初期設定ファイル等を削除したくない場合でも融通が効くわけですね。
 似たようなソフトは他にもあるのですが、有料だったり、わざわざそのアプリ経由でアンインストールしなくてはいけないなど、ちょっと不便。ところが、AppTrapだけはシステム環境設定に入って、勝手に監視してくれます。ただし、簡単な初期設定は必ずやっておいてください。
 インストールが完了したら、システム環境設定>その他にAppTrapというアイコンが有るはずです。それをクリックしてください。すると、中に「Start automatically on login」というチェックボックスがあるはずです。このチェックを必ず入れておいてください。でないと、せっかくインストールしていたのに、AppTrapが有効になっていないということになります。

2.Flip4Mac/Perian - 様々な形式の動画をQuickTimeプレイヤーで視聴可能に。
 Windowsから移行された方なら、少なからずWMV動画を持っていることもあるはず。また、ネットで配布されている動画がWMVということも、まだ結構ありますよね。
 MacはノーマルだとWMV動画が見られないのですが、コレを入れておくだけで、見られるようになりますよ。
リンク 

 Flip4Macで足りない形式、DIVXやAVI、MKV、FLVなどはこのperianで再生できるようになります。
リンク 

3.Growl – 通知ユーティリティ
メールの到着などを知らせてくれる通知ユーティリティ。定番なのですが、最新版は有料になってしまいました。
といっても170円ですけど。
リンク

4.PixelCat
画像ビューワです。フォルダをアイコンにドラッグ・アンド・ドロップするとさくっとカタログを作成し、サムネイルアイコンまでつけてくれます。
スライドショー機能もあります。10.7が出たばかりの時に、一時不具合が出ていましたが、現在出ているバージョンでは特に問題は出ていません。
数あるビューワの中で一番お勧めしています。
リンク 

5.Disk LED
MacにはHDDランプがないため、動作が重い場合などにフリーズしているのか処理中なのかわかりづらい時があります。
そこで、このDisk LEDをいれておけば、メニューバーにディスクのアクセスランプを表示してくれます。また、S.M.A.R.Tという(大雑把に言えば)HDDの寿命や故障状態もチェックしているため、買い替えどきもチェックしてくれます。
残念ながら、こちらは有料で350円となります
リンク 

6.FreeRAM Booster – メモリ管理ソフト
 Macのメモリの状態を監視し、メモリが圧迫されてきたら勝手に開放してメモリ空き容量を確保してくれる無料アプリ。設定でログインと同時に起動するようにすることも可能です
リンク 

7.ONYX - カスタマイズ・高速化・メンテナンスツール
 不要なキャッシュファイルなどを掃除してくれたりするメンテナンスツールです。隠し機能を有効にしたりすることもできます。無料のメンテナンスツールもたくさん種類があるのですが、こちらが一番古参で信頼性が高いですね。
各OSバージョン用に用意されています。
一般の方はベータバージョンを降ろさないようにしてくださいね
リンク 
同じサイトでメンテナンスに特化したアプリも配布されています

8.Atok Pad – メモアプリ
ジャストシステムが出している無料のメモアプリ。
・オプションキー二回押しで直ぐにでてくる
・iPhone版、Android版、Win版もあり、相互同期できる
・Evernoteとも同期が取れる
などなど、結構便利です。
Mac版のみMac App Storeでのインストールとなります
リンク 

9.Carbon Copy Cloner - バックアップソフト
バックアップのアプリです。MacにはTimeMachineというすばらしいバックアップ機能があるのですが、これは少々特殊なバックアップ形式で保存されています。
 いざというときに、直接起動できるバックアップを作成できるのが、このCarbon Copy Conerです。通称はCCCですね。
 スケジュールバックアップも可能です。
当然、バックアップ先のHDDが必要となりますが(^^ゞ
MacProならHDDの増設、その他の機種はFireWire800対応HDDかTime Cupselがオススメです(MacBookAirはFireWire800ポートがないので、TimeCuplulを使用するか、ThuderBoltからの変換器が必要)
リンク 

10.FileZilla or CyberDuck
10選とか言っておきながら、最後に2個もってくるあたり、筆者の適当さがかいま見えますヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ
 どちらもFTPやWebDAV等のクライアントソフトです。SFTPなどにも対応しています。
最近はセキュリティの関係もあって、FTPは推奨されておらず、どうしてもつかうならSFTPにすべしという風潮になっていますしね。
FileZillaの方はWin版もありますね。
それぞれに使い勝手があるので、使いやすい方をご利用ください。
あえていうなら、FileZillaはシンプルな使い勝手とマルチプラットフォームなのがよいですね
CyberDuckは可愛くて、おしゃれなUIでMacユーザよりの作りになっています。最近Win版も出たようです。結構多機能ですよ。

File Zilla
CyberDuck

その他に
EverNote、FaceBook関係、Twitter関係、Google日本語入力、GoogleDrive、DropBOX、Skype、LINEなどもMac版はちゃんとあります。特にTwitterの公式クライアントは使いやすいと思います(なぜかWin版は用意されていない)。

 Flash Playerは最近デフォルトでインストールされていないそうなので、自分でインストールしたほうが良いです。セキュリティのために必ず最新に保つようにしておきましょう。 

 ウィルス関係ですが、MacではWinほど神経質になることはないです。ただ、ネットマナー上や、業務マナー上(自分に感染しなくても媒介になることがあるので)何かしらの対策をとっておいたほうが無難です。
 無料のアンチウィルスアプリもありますので、Mac App Storeなどで「Virus」と検索してみてください。私がいまメインで入れているのはVirus Barrier Expressというやつですね。Clam Xavもサーバー関係者には有名なアンチウィルスソフトです。Googleで「OSX アンチウィルス 無料」などで探せば、もう少し出てきます。

 

バックアップは大事だね

 最近、OSが起動しなくなったという依頼が結構多いです。
幸い、HDDの中身が傷ついたりしない(PCで認識できる)限り、
書類や画像、音楽などのデータの取り出しはそれほど難しい作業ではありません。
ま、時間はかかるので、大抵はお持ち帰りさせていただくのですが(^^;

 ただ、問題は、OSやアプリケーションの方。これはHDDが読めたからといって単純に取り出すというわけには行きません。
アプリケーションはProgram Filesディレクトリ(Macならアプリケーションフォルダ)に入っているものだけではないのです。
たとえば、Winならdllというシステム機能拡張やレジストリという設定の書き込みなどです。とくにこのレジストリがおかしくなってしまうと、もうOSをはじめからリカバリしたほうが速い場合が多いです。

 基本的に、私はリカバリ作業をなるべくしないようにして修復することが多いのですが、致し方なくリカバリになることも多いです。リカバリディスクをなくしたとか作成してないというのはさすがにメーカーへ相談していただくほかなくなってしまうのですが、その場合、確実に中のデータは消されてしまいます。やっぱり、有事のためににバックアップがあると後が楽なんですよね。

◆Windowsのバックアップなどなど
1.購入してきたら、リカバリディスクを作成しておく!
 最近は経費削減のためにHDD内にリカバリ領域をもたせて、ディスクを付属していないメーカーがほとんどです。でも、HDDが物理的におかしくなってしまったら、HDDからのリカバリどころの話ではなくなってしまいます。やはり、リカバリディスクは作っておいたほうが安心ですね。最近ではUSBメモリにリカバリディスクを作成できることも多いです。32GB程度のUSBメモリを一緒に購入しておきましょう

2.システムの復元を設定しておく
 意外と、ちゃんと設定されていないで、復元ポイントがあるのに復元してくれないという事が結構あります。
もちろん、復元ポイントが一切無いこともありますね。これが使えるとかなり軽症で住む場合が多いので、チェックをおすすめです。

3.Win7ならバックアップの設定を
Win7のHome Premium、Proffesional以上ならコントロールパネル>システムとセキュリティ>バックアップの作成というところで外付けHDDにバックアップを作ることができます。イメージファイルタイプですが、一応設定しておいたほうが良いでしょう。

4.おすすめのバックアップソフト
 上記のような設定をしていても、うまく復帰してくれないこともあるのがMS仕様d(^^)\(゚Д゚#)
そういうわけで、以下のようなソフトを使って、システムバックアップを外付けHDDにとっておくと安心です。
あ、もちろんFreewareですよ。ただ、日本語版は無いので、さっぱりわからないという方、英語アレルギーの方は頑張ってみるか、設定をご依頼ください(^^)

 ・EaseUS Todo Backup
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/syncbackup/easeustodobu.html

・Macrium Reflect FREE Edition
http://www.macrium.com/ReflectFree.asp

いずれも起動中のHDDをHDDもしくはパーティションごとイメージファイルとしてバックアップしてくれるソフトです。
Macrium Reflect FREE Editionは定期バックアップ設定と非常時の起動ディスクも作成できます。起動ディスクがあれば、HDDを新品に交換して、イメージから書き戻してあげれば良いから楽ですよね。
でも、作業はやっぱり、ちょっとわかりづらいかもしれませんね。

いづれも無料版だけに、有料版と比べて一部の機能が削減されています。たとえば、作業時間等を節約できる差分バックアップとかです。必要な方は有料のソフトを使ったほうがよいでしょうね。

◆Mac OSX

・Macの場合はシステムディスク(もしくは起動用USBメモリ)がついてきます。これらは無くさないようにしてくださいね。
 昔はそうでもなかったのですが、最近は同じOSXのバージョンでも他機種用ではインストール出来ないということもあります。
 その場合には、より新しいバージョンのOSをインストールすれば良いのですがね。OS代はかかりますし、場合によっては動かなくな
 るソフトも出てきます。やっぱり、最初のシステムディスクは持っていたほうが良いと思います。

・OSX10.5以上ならTimeMachineを活用しよう
OSX10.5からTimeMachineというバックアップ機能がOS標準でつきました。
これはぜひ活用していただきたいです。ディスク毎どころか、フォルダごとに少し前の状態に戻すことが可能です。
また、必要なファイルを直接バックアップ先から取ってくることも出来ます。
設定は、外付けHDDを接続し、Mac用にフォーマットしたらOK
「このHDDをTimeMachineに使用しますか?」みたいなことを聞いてくるので、OKしてあげるだけです。
なお、最初のバックアップだけは一晩ていどかかります。これで、バックアップ中はパフォーマンスが落ちるのではないか?と心配される方がいます。でも、最初のバックアップ後はほとんど気になりません。ぜひ使ってみてください。
おすすめのHDDについては前回の記事を参考にしてください。

・OSX以前の場合
TimeMachineがないOSをまだ現役で使用している方はまだ多いと思います。
そんな場合には以下のFreewareがおすすめ
・Carbon Copy Cloner
http://www.bombich.com/
起動可能な外付けHDDが簡単に作成できます。
Macの起動可能なバックアップを作る場合
・パーティションを対象のMacのCPUに即したものにする(インテルMacの場合GUID)
・フォーマットをHFS+(ジャーナリング)にする
を忘れないようにしてください。FAT32フォーマットのままだと、読み書きは出来ますが、バックアップには使用できません。また、4GB以上のファイルも保存できません。
なお、こちらもバックアップをスケジューリングすることができます。

なんといっても、Macの場合、システムまるごとバックアップをしておくと
・その外付けHDD等から今までの環境そのままで起動ができる(ただし、遅くはなる)のです!
 しかし、ご注意。PowerPC機はFireWire接続のHDDのみが対象です。インテルMacならUSB HDDでもOK。
・そのHDDから環境を(アプリケーションも含めて)新しいHDDに移行できる
 OSインストール後の初期設定で、まるごとユーザファイルやアプリケーション、ネットワーク設定等を移行できます。
 超楽ちんです(^^)

※ちなみに、Macは起動時にTキーを押したままにしておくと、外付けHDD状態になります。
 新しいMacに買い換えた時とかに覚えておいて、FireWireケーブルを一緒に買っておくと便利ですよ!

というわけで、わかっちゃいるけどやっていないバックアップ。ぜひやっておきましょう!

 

Macに外付けHDDを増設するポイント

MacMiniやiMacってHDDを増設するの難しいですよね。
そこで、内蔵HDDが足りなかったり、壊れたりした時
外付けHDDを使うことがあると思います。
 いやいや、OSX10.5以上ならTimeMachineという
すばらしいバックアップ機能があるので
これをぜひ利用していただきたい!
トラブルがあったときは本当に感動しますよ!

 さて、そのHDDディスクですが、いくつかポイントがあります。

1.できればFireWire800対応の外付けHDDを選んでください
 世に出ているほとんどのHDDは現在(2012年1月)USB2.0
 接続です。でも、MacならFireWire800対応ディスクを選ぶのが
 吉です。 なんといっても、速度が段違いなのです。
 体感速度は FireWire800>Firewire>>USB2.0です。
 普段の使用時もですが、復旧などの大量コピーをする場合には
 本当に時間を節約できます。それも数時間!
 FireWireはIEEE1394(FireWire800はIEEE1394b)もしくは
 iLinkという名称でも市場を出まわっています。
 
 IEEE1394–米国電気電子学会における標準規格形番
 FireWire–Appleの商標。主にMacで使用される
 iLink– Sonyの商標。主にAV機器で使用される

 です。

 レビューはともかくこんなのが比較的安いですね(中央のは別途内蔵用HDDが必要です)
ま、レビューなんてほとんど不具合があった一部の人ばかり書くので、あまり当てにしないほうが良いです。
(といって、紹介した製品に不具合が出ても責任は取れませんが(^^ゞ)

あ、たまにTimeMachineやOS起動に対応していない外付けHDDがあるので、注意してください

2.必ず、使用前にフォーマットする。
 Macだろうが、Windowsだろうが、買ってきた外付けHDDを接続すると
 あっさり認識されて、そのまま使えます。
 それ故に、そのまま使っている方が意外といるようですね。
 でも、必ず、フォーマットしたほうが良いです。
 というのも、通常、外付けHDDは「FAT32」という古い規格で
 フォーマットされているのです。
 一応、普通に使えるのですが、幾つか今時のフォーマットに比べて
 性能がおとります(詳細は割愛します)。
 特に問題なのは、「4GB以上のファイルを保存できない」ということ。
 Macなら HFSプラス(ジャーナリング)
 Win(XP以降) なら NTFS
 でフォーマットしてから使用するようにしてくださいね。

3.Illustrator、Photoshopを利用される方
 外付けHDDは必須ですよ!
  というのもAdobe製品(Mac用)は実メモリを2GBまでしか使用しません。
 あとはHDDの仮想記憶を使用しています。
 これをシステムと一緒のHDDで使用していたら、当然パフォーマンスは
 知れたものですし、不安定にもなります。

 Illustratorはファイル>環境設定>仮想記憶・プラグイン
 Photoshopは ファイル>環境設定>パフォーマンス

 で、設定できます。

 

Macを買ったWinユーザへ送るMacの常識5つ+おまけ

 最近、iPhone購入にともない、Macを買うという方が結構いるよう
ですね。実際、iTunesはMacの方が軽いので、iPhoneの同期も捗りま
す(^^)
 ただ、MacからWindowsに移行した人より、WindowsからMacへ
買い換えた人のほうが、戸惑う部分が多いみたいですね。

 そこで、Macを使うコツを幾つか紹介したいと思います。

1.アプリは窓を閉じただけでは終わらない
 Windowsではウィンドウ右上のxボタンを押すと窓が閉じると共に
アプリケーションも終了しますよね。でも、実はMacの場合、それだけ
ではアプリケーションは終了しません。使わないアプリケーションを起
動したまま、様々なアプリケーションを開いて行ったら、メモリが不足
して動作が重くなってしまいます。

 Macでアプリケーションを終了するには

・メニューバー>アプリ名>一番下(○○の終了 or Quit ○○)を選ぶ
・コマンド+q

という操作をします。起動中のアプリケーションはDockのアイコンの
下に光る△マークがあるのでわかると思います。

2.ショートカット? エイリアス?
 Windowsではショートカットというと2つ思い出しね。
ショートカットキーとショートカットです。前者はキーボードのキーの
組み合わせでOSやアプリケーション等を操作するもの。後者はデスク
トップなどに作っておいて、簡単に別のところにおいてあるファイルや
アプリケーションにアクセスする用途で使用します。
 Macにも、もちろん同じ仕組が存在します。ただ、Windowsとは呼
び方が違います。

Windows        Mac
ショートカットキー > ショートカット
ショートカット   > エイリアス
ディレクトリ    > フォルダ

あまり困ることは無いでしょうが、説明書などでは上記のような表記を
している場合がありますので、覚えておいて損はないと思います。
 なんで、呼び方が違うのか? 実のところ、Windowsの方が後発で
す。Appleから言いがかりを付けられないように(つけられた?)した
のでしょうね。ちなみにWinの「ごみ箱(Recycle bin)」はMacだと
「ゴミ箱(Trash)」になります。もう一緒にしちゃえばいいのにね(^^ゞ

3.ショートカットの使い方
上の項目でも少し出てきましたが。Macにもショートカット(ショート
カットキー)はあります。というか、こちらのほうがGUI OSの先輩で
すから当然ですね。
Windowsでのショートカットキーは Ctrl + ○ > Alt + ○
という使い方ですね。
Macでは コマンド + ○ となります。メニューバーの項目でも一発
で反応します。バリエーションとして、コマンド + オプション + ○や
コマンド + シフト + ○ といったものもあります。

 なにがどの操作になるのかはメニューバーをみれば一発でわかるよう
になっています。メニュバーの横に記号が記載されていますよね。
文字化けしてしまうので、ちゃんと記載できないのが残念ですが

四葉のクローバーみたいなマーク > コマンド
横から見た階段みたいなマーク  > オプション
上矢印             > シフト
^                > コントロール
となっています。
 そして、なにより、Macのショートカットは、ほぼどのOS、アプリ
ケーションでも共通です!
 だから、どのアプリケーションでも

アプリの終了 コマンド + q
コピー    コマンド + c
カット    コマンド + x
ペースト   コマンド + v
検索     コマンド + f
ヘルプ    コマンド + h
アプリケーションの切り替え コマンド + tab
言語の切り替え(JISキーボードなら専用キーがありますが)
       コマンド + スペース
ウィンドウを閉じる コマンド + w
ディスクのイジェクト コマンド + e

ちょっと紛らわしいのが
ごみ箱に捨てる コマンド + deleat(WinだとBackSpaceの位置)
ファイルのコピー コマンド + d
です。Windowsだと Ctrl + d がごみ箱に捨てるショートカットキーなので
間違えちゃうんですよね(^^ゞ
いかがでしょうか? 意外とありますよね。しかも、ほんの一部ですよ。
Macの操作に慣れてきたら、色々試してみてください。

4.スクリーンショットの撮り方
 Macを購入してスクリーンショットを取ろうとキーボードを見た時戸
惑いませんでしたか? そう、Print Screenキーが無いんです。
 古いMacだとファンクションキー(キーボード一番上のF1,F2ってやつ
です)も無いものがほとんどでした。今は別の機能で使用するので、全
てついています。

 さて、スクリーンショットの撮り方ですが、上で紹介したショート
カットを使用します。

画面全体  コマンド+シフト+3
範囲指定  コマンド+シフト+4
特定の窓  コマンド+シフト+4 の後 スペース 
                  特定の窓の上でクリック

とれたスクリーンショットはデスクトップにpngファイルとして出てき
ます。なんと、ペイント等の別アプリにペーストして保存する必要がな
いんです! もちろん、これはそのままプレビューアプリで閲覧できま
す。

5.Macに右クリックってないの?
 昔のMacにはありませんでした。これは誤操作を防ぐため、だれにで
も使えるパソコンを人々に提供したいという考えからです。
 おかげで、Macは3歳の子供でも操作できるパソコンとして有名でし
た。しかし、アプリケーションの多機能化によって、そうも行っていら
れなくなりました。そこで、MacでもOS8から右クリックに対応する
ようになりました。
そのさい、1つボタンのマウスしか持っていない人の措置が

コントロール + クリック

です。これは現在のOSX 10.7でも使用出来ます。
(ちなみにマウスボタン長押しで右クリックメニューが出てくるフリー
ウェア(現在シェアウェア)もあったんですよ)
 ちなみに、Windows用USBマウスが普通に使えますので、面倒な方
はそのへんで売っているマウスや余っているマウスをつなげれば良いで
す。

 ただ、現在のApple純正マウスにはボタンがみあたらないですよね。
そして、デフォルトは1ボタンになっています。これは

システム環境設定 > マウス で機能の割り当てが可能です
使いやすいようにカスタマイズしてください。
 ちなみに私はマウス横のボタンは何も割り当てません。不意に動作し
て鬱陶しいんですよ(^^ゞ

トラックパッドの場合
 MacBookやMacBookProの場合は、トラックパッドですね。

この場合、
二本指 + クリック で右クリックになります。
また
二本指でなぞる とスクロールになります。

このトラックパッド、他にも様々な機能があります。
システム環境設定 > トラックパッド で、動作を確認、変更できま
すので、ちょっと覗いてみるといいかもしれません
 ちなみに、同じ所で、トラックパッドの右下をクリックすると自動で
右クリックになるという機能もありますよ。

おまけ スクロールの方向が・・・何で逆?
 これはOSX 10.7 Lionのみ対象です。
というのも、Lionからスクロールの方向がiPhoneにあわせた方向に仕
様変更されたため、WindowsやSnow Leopard以前のMacと動作が逆
になってしまったんですね。
 慣れてしまえばいいのですが、特に会社ではWindows 家ではMac
という場合、なかなかそうもいきません。

これは

システム環境設定 > マウス もしくは システム環境設定 > トラックパッド で変更可能。

 マウスの時は「スクロールまたは移動するとき〜」という一番上の項
目のチェックを外してください。
 トラックパッドの時は スクロールとズーム > スクロールの方
向:ナチュラル のチェックを外します。

片方をはずせば、自動的に両方同じ設定になります。是非お試しくださ
い。

 MacOSの魅力の一つは簡単にかつ自然に使い始めることができる。
でも、こみったことをやろうと思ったら、それに応えることもできる懐
の深さがあることでしょう。実は、OSXって根っこはUNIX互換OSな
ので、サーバーのようなこともやろうと思えば出来るんですよ。
 まだまだ、紹介しきれない機能などもありますが、まずは、ここに書
いたことだけでも知っておけば、快適にMacを使えるようになるはず。

ぜひ、お試しくださいね。