パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

Mac OSX10.7にしてから、Windowsの共有ファイルにアクセス出来ない

あいかわらず、タイトルが長くてさーせん。

今回は、いままでMacの共有設定でSAMBAを有効にして、
WindowsからMacの共有フォルダにアクセスしていた。
それが、10.7にアップデートしてから、IDとパスワードを
聞かれて、何度認証してもアクセスを拒否される。
と、こんな症状の簡単な解消法です。

これはどうも10.7からOSXに組み込まれていた純正のSAMBAが
互換品に変わったせいらしいですね。

で、コレに対応する方法。OSX側は特に変更の必要はないです。
Windows側のTCP/IPの設定をほんの少し変えてあげましょう。

1.マイコンピュータ>ネットワーク>ローカルエリア接続 を右クリック
2.プロパティを選択
3.TCP-IPを選択してプロパティを選択
4.一番右下の「詳細設定」ボタンを押す。
5.WINSタブを選択
6.NetBIOS over TCP/IP を有効にするにチェック

ま、これだけです。
お困りの際にはお試しください。

 

パソコンが止まった時の対応法

何かの処理するとき、パソコンがなかなか反応しない時が
あります。こんな時、焦ってリセットしたり、いきなり
シャットダウンをしたりするのは、あまりお勧めしません。
 というのも、一見止まっているように見えても、パソコンが
裏で何かの処理をしている時があるからなんです。

 あきらかに動作がおかしいなと思ったときはまず、以下の
点を確認してください。

1.HDDのアクセスランプが点いているか
 WindowsPCの場合には必ずHDDのアクセスランプがあり
ます。そこが点滅しているか、つきっぱなしの場合には裏で
パソコンが作業をしている証拠です。特に起動してすぐの時
にはよくあることですね。
 Macの場合にはこういったHDDランプがありませんので、
こういったフリーウェアを入れておくと良いかもしれませ
ん。

Disk LED 

 残念ながら、今はMacAppStoreでの配布のみみたいですね。
OS9以前ならノートンユーティリティーズの中に同様のユー
ティリティが入っていますね。
 私の場合、Macでは時計表示で「秒を表示する」と「:を
点滅する」も有効にしています。意外とコレがフリーズの目
安になることもあります。

2.タスクマネージャーでCPU利用率を確認する
 Windowsの場合、Ctlr+Alt+Deleteでタスクマネージャーを
起動することができます。タスクバーを右クリックしても選択
することができますね。
 ここで、CPUの使用率などを確認してみてください。
ただ、重い処理をしていないのに、異常にCPU使用率が
上がっていたり、ネットを利用していないのに通信量が
上がっている場合には、他の原因も考えられます。
Mac OSXの場合にはメニューバーの移動>ユーティリティ>
アクティビティモニタで同様のことが確認できます。

 両方を確認してみて、HDDランプがついていない、CPUな
ども動いている様子がない場合、フリーズしている可能性が
あります。その時にはアカウントのロック>ログアウト>再
起動>シャットダウン>リセットの順番で試してみましょ
う。決して、いきなり電源ケーブルを抜いてはいけませんよ。

 こういったフリーズのようになる原因はいくつかあります。
あまり頻繁に起こるようでしたら、プロの診断を受けてみると
良いかもしれませんね。

おまけ
USB HDDや、USBメモリなどはアクセス中に取り外すと、
ファイルが消えてしまう場合があります。
これらを取り外すときにはいきなり抜くようなことはせず、
Win 画面右端にある「ハードウェアを安全に取はずす」で
Macの場合はイジェクトしてから、しばらくおいてから
取り外すようにしたほうが良いです。
 万が一、消えてしまった場合でも、ファイルを取り出すことは
高い確率で可能ですので、ご相談ください。

 

起動時にPCの時計が遅れてる、BIOS設定の画面が出る

 デスクトップパソコンの時計が直ぐに狂ってしまう。
しかもありえないくらい古い年月日に。そのまま放って
おいたら起動時、黒い画面に英語だけの文字が出てきたり、
何かの設定画面が出てきたりする。場合によっては、電源は
付いているのに起動せずに、画面が真っ暗のまま。
 ときおり、そういう方がいらっしゃいます。

 この場合、考えられる原因が、「マザーボードの電池切れ」です。
もちろん、マザーボード自体の故障や他の原因も考えられ
ますが、まずはそこから疑うほうが経済的にもよいですね。

 マザーボードの中には電池がついていて、ここでパソコンの
時計やマザーボードの設定を保存するRAMの電源をまかなっています。
毎日起動するパソコンだと、殆ど減らないため、気づかないうちに
新しいパソコンに交換することが多いのですが、最近は省エネの
ために、パソコンのコンセントを抜いたり、スイッチ付きの
電源タップで、オフにしたりして、待機電力をカットする方が
いらっしゃると思います。この場合、数年で最初に書いたような
症状が出ることがあります。

 電池そのものは通常のデスクトップPCの場合、CR2032というボタン
電池です。100円ショップでも購入できるような電池ですね。
Mac(128K、512K、Plusをのぞく)の場合はちょっと特殊な円筒形の
電池で、通常700円前後します。
 交換はすべてのケーブルを外し、筐体を開けて、電池の場所を確認し
交換するだけですが、なれない方が行うと電池を固定する爪を折って
しまうこともありますので、注意しましょう。

 

パソコンの動作が使っているうちに重くなる?

 パソコンって長く使っているとだんだん動作が重くなってきますよね。
これには様々な原因が考えられるのですが、その中でもよくある症状に、
こういう方がいます。

・朝、起動したときは普通なんだけど、だんだん遅くなってくる。
時には止まった様になってしまうこともある。
・ときおり、パソコンがブォー!とドライヤーの様な音を出す
・排気がやけに熱い
・あまりアプリケーションは起動していないし、重いアプリも使っていないのに遅い
・特に裏で何かが動いているわけではないらしいが遅い

こういった症状に思い当たるフシがある方。
それは、パソコンの熱暴走が原因です

熱暴走? 遅くなっているから、別に暴走しているわけじゃないよ。
と、思われる方もいるでしょうね。
 これは、ずっと前。パソコンが異常発熱した場合に、本当に画面が
ガシャガシャになったり、意味不明の文字がズラズラ出てきたりした
ことからついた名称です。最悪の場合、CPUが火を吹いて壊れてしまう
こともよくありました。
 現在は、最悪でもパソコンが壊れないように、異常発熱を感知した
ら、CPUというパソコンの頭脳の動作速度を下げるように設計されて
います。なるべく頭を休ませて、知恵熱を下げようという事ですね。
 だから、現在のパソコンは熱暴走を起こすと、止まったようになって
しまうのです。
 さて、この熱暴走の原因ですが、最も多い原因は
パソコン内部に埃が溜まっているせいです。
特に床や足元にパソコンを置いている方。ところ狭しと書類が積み上げ
られた机で、ノートパソコンの周りに余裕が無い方などがこういった状
況になりやすいですね。
 だから、パソコンを開けて、埃を除去すれば、大抵あっさりと解消
します。
 1.まずはパソコンを終了して、電源オフの状態にしてください。
 2.電源ケーブルや周辺機器を取り外してください。
  ショートの危険があります。
 3.パソコンのケースを開けます。開け方がわからない場合、
  ノートパソコンの場合は無理せず、熱い空気が出るところから、
  エアダスターを吹いてみてください。
  結構ホコリが出ると思いますよ
 4.上手く開けることができた方は、CPUファンやヒートシンク、マザーボード
  (基板)の上、電源のファンなどにもエアーダスターを吹いて、
  埃を除去しましょう。

ただし、以下の点に注意してください。
1.なるべく、埃がでても大丈夫な場所でおこないましょう
2.マスクをしましょう
 (ホコリを吸って自分が熱を出したことあります(^^ゞ)
3.掃除機は絶対に使わないでください。
 (静電気でパーツが壊れる可能性があります)

 でも、最近のパソコンって、結構開け方がわからなかったりするん
ですよね。特にメーカー製のタワー型以外のデスクトップは、時に
パズルのようにわからない場合があります。
 また、原因が、内部の埃だけではなく、裏でOSがアップデートなどの作業を
していたりシステムにコンピュータウィルスやマルウェアが
感染している事も考えられます。

 少しでも不安な場合には、プロにおまかせいただけたほうが、
安心かもしれませんね。
 

Macを買ったWinユーザへ送るMacの常識5つ+おまけ

 最近、iPhone購入にともない、Macを買うという方が結構いるよう
ですね。実際、iTunesはMacの方が軽いので、iPhoneの同期も捗りま
す(^^)
 ただ、MacからWindowsに移行した人より、WindowsからMacへ
買い換えた人のほうが、戸惑う部分が多いみたいですね。

 そこで、Macを使うコツを幾つか紹介したいと思います。

1.アプリは窓を閉じただけでは終わらない
 Windowsではウィンドウ右上のxボタンを押すと窓が閉じると共に
アプリケーションも終了しますよね。でも、実はMacの場合、それだけ
ではアプリケーションは終了しません。使わないアプリケーションを起
動したまま、様々なアプリケーションを開いて行ったら、メモリが不足
して動作が重くなってしまいます。

 Macでアプリケーションを終了するには

・メニューバー>アプリ名>一番下(○○の終了 or Quit ○○)を選ぶ
・コマンド+q

という操作をします。起動中のアプリケーションはDockのアイコンの
下に光る△マークがあるのでわかると思います。

2.ショートカット? エイリアス?
 Windowsではショートカットというと2つ思い出しね。
ショートカットキーとショートカットです。前者はキーボードのキーの
組み合わせでOSやアプリケーション等を操作するもの。後者はデスク
トップなどに作っておいて、簡単に別のところにおいてあるファイルや
アプリケーションにアクセスする用途で使用します。
 Macにも、もちろん同じ仕組が存在します。ただ、Windowsとは呼
び方が違います。

Windows        Mac
ショートカットキー > ショートカット
ショートカット   > エイリアス
ディレクトリ    > フォルダ

あまり困ることは無いでしょうが、説明書などでは上記のような表記を
している場合がありますので、覚えておいて損はないと思います。
 なんで、呼び方が違うのか? 実のところ、Windowsの方が後発で
す。Appleから言いがかりを付けられないように(つけられた?)した
のでしょうね。ちなみにWinの「ごみ箱(Recycle bin)」はMacだと
「ゴミ箱(Trash)」になります。もう一緒にしちゃえばいいのにね(^^ゞ

3.ショートカットの使い方
上の項目でも少し出てきましたが。Macにもショートカット(ショート
カットキー)はあります。というか、こちらのほうがGUI OSの先輩で
すから当然ですね。
Windowsでのショートカットキーは Ctrl + ○ > Alt + ○
という使い方ですね。
Macでは コマンド + ○ となります。メニューバーの項目でも一発
で反応します。バリエーションとして、コマンド + オプション + ○や
コマンド + シフト + ○ といったものもあります。

 なにがどの操作になるのかはメニューバーをみれば一発でわかるよう
になっています。メニュバーの横に記号が記載されていますよね。
文字化けしてしまうので、ちゃんと記載できないのが残念ですが

四葉のクローバーみたいなマーク > コマンド
横から見た階段みたいなマーク  > オプション
上矢印             > シフト
^                > コントロール
となっています。
 そして、なにより、Macのショートカットは、ほぼどのOS、アプリ
ケーションでも共通です!
 だから、どのアプリケーションでも

アプリの終了 コマンド + q
コピー    コマンド + c
カット    コマンド + x
ペースト   コマンド + v
検索     コマンド + f
ヘルプ    コマンド + h
アプリケーションの切り替え コマンド + tab
言語の切り替え(JISキーボードなら専用キーがありますが)
       コマンド + スペース
ウィンドウを閉じる コマンド + w
ディスクのイジェクト コマンド + e

ちょっと紛らわしいのが
ごみ箱に捨てる コマンド + deleat(WinだとBackSpaceの位置)
ファイルのコピー コマンド + d
です。Windowsだと Ctrl + d がごみ箱に捨てるショートカットキーなので
間違えちゃうんですよね(^^ゞ
いかがでしょうか? 意外とありますよね。しかも、ほんの一部ですよ。
Macの操作に慣れてきたら、色々試してみてください。

4.スクリーンショットの撮り方
 Macを購入してスクリーンショットを取ろうとキーボードを見た時戸
惑いませんでしたか? そう、Print Screenキーが無いんです。
 古いMacだとファンクションキー(キーボード一番上のF1,F2ってやつ
です)も無いものがほとんどでした。今は別の機能で使用するので、全
てついています。

 さて、スクリーンショットの撮り方ですが、上で紹介したショート
カットを使用します。

画面全体  コマンド+シフト+3
範囲指定  コマンド+シフト+4
特定の窓  コマンド+シフト+4 の後 スペース 
                  特定の窓の上でクリック

とれたスクリーンショットはデスクトップにpngファイルとして出てき
ます。なんと、ペイント等の別アプリにペーストして保存する必要がな
いんです! もちろん、これはそのままプレビューアプリで閲覧できま
す。

5.Macに右クリックってないの?
 昔のMacにはありませんでした。これは誤操作を防ぐため、だれにで
も使えるパソコンを人々に提供したいという考えからです。
 おかげで、Macは3歳の子供でも操作できるパソコンとして有名でし
た。しかし、アプリケーションの多機能化によって、そうも行っていら
れなくなりました。そこで、MacでもOS8から右クリックに対応する
ようになりました。
そのさい、1つボタンのマウスしか持っていない人の措置が

コントロール + クリック

です。これは現在のOSX 10.7でも使用出来ます。
(ちなみにマウスボタン長押しで右クリックメニューが出てくるフリー
ウェア(現在シェアウェア)もあったんですよ)
 ちなみに、Windows用USBマウスが普通に使えますので、面倒な方
はそのへんで売っているマウスや余っているマウスをつなげれば良いで
す。

 ただ、現在のApple純正マウスにはボタンがみあたらないですよね。
そして、デフォルトは1ボタンになっています。これは

システム環境設定 > マウス で機能の割り当てが可能です
使いやすいようにカスタマイズしてください。
 ちなみに私はマウス横のボタンは何も割り当てません。不意に動作し
て鬱陶しいんですよ(^^ゞ

トラックパッドの場合
 MacBookやMacBookProの場合は、トラックパッドですね。

この場合、
二本指 + クリック で右クリックになります。
また
二本指でなぞる とスクロールになります。

このトラックパッド、他にも様々な機能があります。
システム環境設定 > トラックパッド で、動作を確認、変更できま
すので、ちょっと覗いてみるといいかもしれません
 ちなみに、同じ所で、トラックパッドの右下をクリックすると自動で
右クリックになるという機能もありますよ。

おまけ スクロールの方向が・・・何で逆?
 これはOSX 10.7 Lionのみ対象です。
というのも、Lionからスクロールの方向がiPhoneにあわせた方向に仕
様変更されたため、WindowsやSnow Leopard以前のMacと動作が逆
になってしまったんですね。
 慣れてしまえばいいのですが、特に会社ではWindows 家ではMac
という場合、なかなかそうもいきません。

これは

システム環境設定 > マウス もしくは システム環境設定 > トラックパッド で変更可能。

 マウスの時は「スクロールまたは移動するとき〜」という一番上の項
目のチェックを外してください。
 トラックパッドの時は スクロールとズーム > スクロールの方
向:ナチュラル のチェックを外します。

片方をはずせば、自動的に両方同じ設定になります。是非お試しくださ
い。

 MacOSの魅力の一つは簡単にかつ自然に使い始めることができる。
でも、こみったことをやろうと思ったら、それに応えることもできる懐
の深さがあることでしょう。実は、OSXって根っこはUNIX互換OSな
ので、サーバーのようなこともやろうと思えば出来るんですよ。
 まだまだ、紹介しきれない機能などもありますが、まずは、ここに書
いたことだけでも知っておけば、快適にMacを使えるようになるはず。

ぜひ、お試しくださいね。
 

Win PCを買ったら、 最低限やっておきたい5つのこと

みなさんはパソコンを購入したら、まず何をしますか?
多くの方は、今まで使っていたソフトのインストールや、データの移動などをされるかと思います。
でも、その前に、できればこれをやっておいたほうがいいというせ設定があるんです。今回は、最初にやっておいたほうがいい設定を紹介します。

 

1.ルーターの設定
ルーターというのは、簡単にいえば、インターネットと複数のパソコンを仲立ちしてくれる機器のことです。B-フレッツ等のサービスの場合NTTからネット開通時に送ってきているかと思います。最近のWindowsやソフトは不正コピー防止のためにネットワーク上で認証をすることが多いです。まずは、ルーターでPPPoP等のインターネット接続のログインを設定しましょう。
なお、一部のケーブルテレビ等を利用したインターネットサービスではモデムのみでルーターが付いてこない場合があります。これを利用してつなげることはもちろん可能です。でも、できれば、別途ルーターを用意し、そこを介してネットに接続するようにしたほうが良いです。たとえ、一台しかつなげるパソコンがなくてもです。
というのも、数年前からパソコンをネットにつなげただけで感染するウィルスというのもあるのです。買ってきたばかりのパソコンは、まだアップデート前でそれらに対向する手段を知りません。いわば、無菌状態から生まれてきたばかりの赤ん坊みたいなものです。アンチウィルスソフトを設定する前にウィルスに感染して起動しなくなったということもあります。ルーターはこれらのウィルスの侵入や不正アクセスを防止してくれる役割も持っています。ぜひ、一緒に購入しておくのをおすすめします。

 

2.アンチウィルスソフトのインストールと有効化
たいていのメーカー製パソコンにはアンチウィルスソフト(ワクチンソフト)もしくは、そのデモ版がインストールされていると思います。知っている範囲ですと、ほとんどがT社やM社が多いみたいですね。それをそのまま、利用でも良いですし、お好きなアンチウィルスソフトをインストールするのもよいかと思います。とにかく、まず最初にこの作業をするのがおすすめです。もし、トライアル版しかない、自作パソコンでアンチウィルスソフトがはいっていないという場合にはマイクロソフトで無料のアンチウィルスソフト「Microsoft Security Essensial」というのを配布しています。怪しいサイトに行ったり、P2Pなどの不正コピーをしないなら、これで十分ですし、動作も軽いです。最低限、こちらをインストールしておきましょう。
リンク http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials

追記:アンチウィルスソフトは必ず1種類のみをインストールするようにしてください。複数入っていた場合、互いをウィルスと判断して無限ループしたり、極端に動作が重くなる可能性があります。

 

3.Windowsのアップデート
毎月初旬にWindowsは複数のアップデートがあります。一回にかかる時間は10分以内なのですが、最初に購入したときには、まだアップデートされていない項目があったりします。
Microsoftも頑張って入るのですが、ウィルス作成者や不正情報取得者達はその穴をついて新しい手法をどんどん作り出し、あなたのパソコンから大切な情報を奪っていこうとします。
Windowsのアップデートは必ず行うようにしてください。

 

4.「登録されている拡張子を表示しない」を無効にする
おそらく、あまりパソコンが得意ではない人を大将としているのでしょうが、WindowsもMacも最近ではデフォルトで拡張子を表示しない設定になっています。実は、これ結構危険なんです。
たとえば「●●●.jpg.exe」や「△△△.pdf.exe」など、ウィルス実行ファイルやマルウェア(ネットを介して情報を横流しするソフト)を画像やPDF書類に偽装して配布する手口が増えています。拡張子はなるべく表示するようにしておいたほうが良いです。

・XPの場合:適当なフォルダを開き、窓の上のメニューから ツール>フォルダのオプション>表示タブ
・Vista、7の場合:コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション

5.PDFとFlash Playerのアップデート
こちらも毎月のようにアップデートが出ています。
というのも、PDFとFlash Playerの機能や抜け穴を利用したマルウェアがすごく多いんです。
いまや、多くのホームページでFlashが使用され、説明書などもPDFで配布されることが多いです。両方共パソコンを使う上で、必須のソフトですよね。こちらも、かならず最新版にするように心がけてください。
リンク http://www.adobe.com/jp/

 

以上、5つの項目を上げましたが、皆様の環境に合わせて、まだまだ設定することやインストールするソフトが有るかと思います。
PC Smythでは初期設定やアプリケーションインストールの代行もおこなっております。また、簡単なことでしたら、お電話やメールにて無料で相談に対応させていただいております。
ぜひ、ご利用ください

 

Tags: