パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

ネットワークがつながらない時の原因解明

ネットワークがつながらない。遅い。結構、こういうトラブルはあります。
そこで、今回は、ネットワークトラブル時の原因解明の手順を紹介

まず、ネットワークにかぎらず、トラブル解決は手近で簡単なところから遠くの面倒なところへという順番で見ていきます。
やむを得ず、簡単な専門用語などが出てきます。ご了承ください。
また、説明はWindowsでの場合を想定しています。
※もちろんMacでも同様の作業は可能ですが、設定を見るべき場所や一部のコマンドが異なります。

1.Ethernetケーブルの確認
抜けかかっていたり、断線していたりなんてことは意外とあったりします
コネクタを押し込んでみたり、変えてみたりしてみましょう。
あ、もしトラブルが起こっているのが、初めて配線したネット環境だったり、会社など複数人で使うネットワークなら、この時点で全体の配線・接続が間違っていないかどうかも確認しておきます。
個人の家等で配線が勝手に変わることはありませんが、会社などだと色々調べた結果、ケーブルがループしていたなんてオチもあったりします(^^ゞ

2.NICのランプはついているか
NICって要はEthernetケーブルが刺さっているところ(の機械・回路・基盤)です。
ケーブルを認識していて、信号の送受信をちゃんとしているならランプが点滅しています。
ただし、マザーボード一体型などでランプがない場合もあります。

3.NICやネットを認識しているか
このへんから、ちょっとだけ難しくなってくるかも?
Windowsがちゃんとネットを認識しているか、認識していないなら、NICはデバイスとして認識されているかを確認します。ネットとして認識しているかはデスクトップ右下の方の小さなアイコンなどでわかると思います。
また、コマンドプロンプトでIPアドレスなどを確認しておくとよいでしょう。
ウィンドウズキー+r > cmd と入力してEnterキー > ipconfig /all
です。ただ、少しでもネットワークをかじっていないと意味はわからないかも?
デバイスは認識しているのに、このコマンドで何も出てこなければネットワークの設定が間違っています。

デバイスの認識はデバイスマネージャーで確認します。
マイコンピュータを右クリック>プロパティ>ハードウェア>デバイスマネージャー>ネットワーク機器
のところですね

4.ネットワークはどこまで通じているかを確認
ここまできたら原因はPC本体以外にある可能性が高いです。
先ほど起動したコマンドプロンプトにて、どこまでネットワークが通じているか確認します。
使用するコマンドはpingやtracertあたりをよく使います。
これでルータまでは通じるが、インターネットまで行かない場合はルータないし、モデムの不具合。
場合によってはプロバイダ側のトラブルという可能性もあります。
ルーターまで通じない場合はスイッチ(ングハブ)かルータの不具合となります。

 

簡単ですが、たいていの障害は以上で原因が判明します。
お試しください( ^ヮ^ )ノ

 

 

Tags:

iPhone5が届きました(^^)

良くも悪くも、今、話題になっているといえば、iPhone5ですね。

実は日本で最初に発売された3Gからのユーザーなのですが、買い替えは2年毎にしています。というわけで、今回晴れて、iPhone4からiPhone5へ乗り換えました!
そこで、早速、稚拙ながらも簡単なレビューをしてみたいと思います。

手に入れたのは発売された2012/09/21の翌日22日です。
いやー、がっつり並んで大変でした〜
ということはなく、ネット注文だったので、40分ほどブラウザの前に張り付いただけで予約できましたヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

到着したiPhone5の箱

20日に予約確定メールが来たときは小躍りしたものです(^^)
21日。いつもはなるべく目に入らないようにするニュースも今回は余裕綽々でみていたりしましたね。

箱を開けたところです。いやー、相変わらず上手くパッケージされています。今回は新しくなったイヤホンがプラケースに入っていて、より高級感を出していますね。

ただし、この中で使うのはLightning(充電・同期用USB)ケーブルだけです。Lightningとこれまでのアダプタの変換コネクタがついてくるかと思っていたら、ついて来ませんでしたorz
充電ケーブルとか変換コネクタとか、少なくとも一つづつ必要なのですが、どうやら10月末ごろまで売っていなさそうです(´・ω・`)

持ってみた感じです。この時点ではまだフィルムを剥がしていません。実物は思った以上に高級感があって素晴らしいです。キズなども特に見当たりませんでした。
やっぱり、最初に感じるのは薄さですね。他の方が言っているように、軽いという感じは、あまりしなかったのです。でも、4と比べると圧倒的に軽いですね。安っぽくない程度の程よい重さ、軽さです。寝っ転がってテキストやTwitterをチェックしていると、やはり腕の疲れ方が違います(^^) こういう時にジワジワと実感が来ますね(^^)

このあと、ネット手続きをした場合には機種変更とアクティベーションを自分で行わなくてはいけません。が、その前に・・・ケースと液晶画面フィルムを買いに走りましたヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ まぁ事前に用意しておけって話です。

あ、こんなのもついていました。ただ、あまりストラップつける主義ではない(というか、iPhoneにはストラップホールがない)ので、どうするか悩み中です。

買ってきたケースとフィルムです。ケースは薄さを重視しました。ストラップホールと差し込んでスタンドにできるストラップ、ホームボタン用デベソシールがついています。本当はクリアタイプが欲しかったけど、なかったので、チタン色塗装タイプ。なかなかよいです。オススメ。

フィルムは指紋が付かないのをいつも選択しています。今回は光沢・指紋防止タイプを選択。実際に使ってみたら、かなりクリアなタイプで、かつ指紋も目立たないという奴でした。マットタイプよりも綺麗に見えます。映り込みするのはイマイチだけど、凄い見やすいのでオススメです。

 

SIMカードを入れるにはこいつを使います。本体が入っていたスペースのいっこ下に入っていた奴についてました。最初拭く布とおもっていたですが、それは付かなくなりましたね

例の林檎シールや説明書(?)もここに入っています。これを本体右横の小さな穴に突っ込みます。結構深く突っ込まないと出てこないです。

 

機種変更とアクティベーションに関しては殆どの方はショップにてやってもらうと思うので、割愛です。

iTunesと動機すれば、ほぼ以前と同じように使用できます。
ただし、パスワードなどは忘れてしまっているので、どこかにメモを残すようにしておきましょう。私はGoogleドライブ等にまとめています(^^ゞ

思った以上に画面は綺麗ですね。初期不良でやや黄色っぽかったり(?)、気泡がでていたりすることがあるようですが、自分のは全く問題ありませんでした(画面右の写真がやや黄色いのはアプリの背景設定で紙色を選択しているからです)。黒を使えば、縦長画面に対応していないアプリも違和感なく使えます。むしろ今まで使っていた4より圧倒的に綺麗です(マットタイプのフィルムを使っているせいだと思います)。スピードもかなり早くて、サクサク。 実に素晴らしいです(^^)
ただ、私は手が小さいので、片手で使うのはちょっとつらいかなという気がします。馴れの問題かもしれませんが・・・

マップは噂通りのスカスカですね。画像は事務所に近い武蔵小杉駅(事務所は横須賀線口が近く、これは南武線口なので、正確には少し遠いですが) ですが、駅が見当たりませんね(^^ゞ

とりあえず、ネットのgoogleマップをホームに追加しちゃいます。

1.safariを起動
2.URL欄に maps.google.co.jp と入力
3.一番下真ん中の四角に矢印のアイコンをタップ
4.ホーム画面に追加を選択
5.名前を決めて、実行

 

※その後、こちらのページ(iPhone 5やiOS 6端末でGoogleマップのWebアプリをフルスクリーン表示する方法 )を参考にして、以下のように変更しました

1.safariを起動
2.URL欄に以下の呪文を入力(このページをiPhoneで開いてコピペすると良いと思います)

data:text/html;charset=UTF-8,<title>GoogleMaps</title><meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes"><link rel="apple-touch-icon" href="http://farm5.staticflickr.com/4035/4564840873_85c02262e9_z.jpg"><script>if(window.navigator.standalone){location.href="https://maps.google.co.jp/";}else{document.write("ホーム画面に追加")}</script>

3.一番下真ん中の四角に矢印のアイコンをタップ
4.ホーム画面に追加を選択
5.名前を決めて、実行

その他、代替マップアプリはもともとゴソゴソ入れています(^^ゞ出張修理では所在地情報が必要ですからね(それでもわからないところは時折ありますが・・・)

今回のiPhone5。iPhone4を使っていて不満のある方は是非お買い替えください。満足度が高いです。
そして、ツートンカラーにがっくりしたあなた。実物はかなり印象違いますよ

iPhone4Sなら、どちらでもよいですね。じっくり触ったことはあまり無いので何とも言えませんが。

以上、簡単なレビューでした

 

 

Bluetooth骨伝導イヤホンを買ってみました

仕事の都合上いつでもどこでも電話をなるべく受けられるようにする必要がある生活をしています。
故に(私は屋根付きスクーターで移動してますが)運転中にも電話に出られるようにイヤホンマイクを使う必要があります。

ところが、今まで使っていたイヤホンマイクだと大声で話していても走行中には相手に声が聞こえません。止まる場所があれば良いのですが、そうでない場合には、電話を切られてそのままということも(´つω・`)シュン

そこで、今回、Bluetooth骨伝導イヤホンというのを購入してみました。
購入した機種は「JAWBONE 骨伝導 ノイズキャンセリング 搭載 Bluetooth ヘッドセット Jawbone ICON ブラックドミノ Hero 」
というやつです。

これは、本来戦車の中などの騒音の中でも話ができるように、マイクを骨伝導を利用したノイズキャンセリング機能に対応させ、余計なノイズを相手に伝えないようにするというアイテム。
一応、片耳だけのモノラル音声となりますが、音楽なども聞くことができます。

購入したもの(上のリンク)は並行輸入品ですので、通常の半額以下とかなりお安いのですが、梱包はびっくりするくらい粗末でした(^_^;) また、車用の充電器はついて来ません。まぁ必要無いですが。

イヤーパッドは大中小3つが直接耳に入れるタイプと耳かけタイプ用でそれぞれ分。計6個ついて来ました。私の耳の穴はかなり小さいので、耳掛けの最小タイプを使用することに。それでもちょっと落ち着かないかもしれません。ただ、落ちるという不安は感じない程度に固定できます。耳穴が大きな方なら全然問題ないでしょう。

充電が完了したら、JawBoneのHPにあるMyTalkというページで設定を変更します。

JawBone MyTalkへのリンク

英語で表示される場合は一度トップページにいって、下の方にある日本の国旗を選択してからMyTalkに行き直しましょう。
というのも、デフォルトだと英語のアナウンス音声が、ここで日本語に変更できるからです。ファームウェアのアップデートや機能の変更もここでできます。

iPhoneなどとリンクするには

1.iPhoneの 機能>一般>Bluetoothを選択。機能がオフになっている場合はオンにしておきます。
2.通話開始ボタンを押しながら電源を入れます。すると、ランプが赤と白に点滅しますので、認識するまで待ちます
3.認識したら、そこをタップし、認識を確定します

以上で終了。基本一回やれば、後は覚えておいてくれます。Androidは持っていませんので、やり方はよくわかりませんが、似たような感じでしょうね。

驚いたことにちゃんとiPhoneのバッテリ容量の横にこのイヤホンのバッテリ容量も勝手に表示されます。
電話をかける時には勝手に音声とマイクはイヤホン側にきます。
また、アプリなどで登録しておけば通話ボタンを長押しした後、声だけで登録している人や声で告げた電話番号に電話をかけたりできます。

電話にでる際にはiPhoneの通話ボタンを押すか、イヤホン上についたボタンを一回押します。残念ながら、イヤホンのボタンはSkypeには対応していませんでした(´・ω・`)

ある程度設定したところで、実際の音声通信はどうか、Skypeのテスト通話で確認してみました。もちろん、かけるぶんには勝手に繋がってくれ、ちゃんとイヤホンから音が聞こえます。テストですのでテレビの音声などを出したままでやってみたのですが、見事に自分の声しか聞こえません。これなら走行中のバイクでも問題無さそう!正直、これまで購入した骨伝導ものは全然役に立たなかったので、期待はあまりしていませんでしたが。これはいいですね( ^ヮ^ )ノ

iPodからの音楽も聞いてみました。
さすがにこれは高音質は望めませんね。あまり低高音域がでず、もっさりした感じ。また、接続したばかりだとブツブツ切れてしまうことがあります。ラジオやCDドラマ、朗読CDなんかには十分でしょう。

電池は充電90分 通話と音楽が最大4.5時間 待受最大10日間だそうです。
リチウムポリマー充電池なので、勝手に放電することは無さそうですね。
本体が小さいから、通話時間がやや短めなのが少し気になるかな。でも、悪くない数字です。

Skypeの受信がボタンで出来ないこと、フルフェイスヘルメットだとボタンが押せないこと(矛盾した悩みですが)、私の体格的な問題でイヤーパッドがいまいち合っていない気がする以外はかなり良い感じです。車などでは一層活躍できると思います。

まだ初日に色々試しただけですが、いまのところ、お勧めです!

 

iPhone5発表になぜワクワクしないのか

iPhone5

先日iPhone5が発表されて、予約も始まりましたね。
iPhone5の詳細については他のページが詳しいので、そちらにお任せします。
今回はそのことについて思ったことをつらつらと書いていこうかなと思います。

友人に「(すべての事象・製品等は)食物と同じで腐りかけが最も良い時期だ。それまでは急速に伸びていき、それ以降はゆるやかに衰退していく」みたいなことを言っている人がいる。正確ではないし、曲解しているかもしれないが、だいたいそんな感じ。

iPhoneに関しては4Sないし、今回の5がそれ(腐りかけ)に当たることになりそうな気がしてならない。4Sあたりから、大体完成されていて、5では性能は上がっているが、イノベーション的には衰退していると思うのです。
アップル製品で言えばMacProなんかはほぼ腐っている。これは業界全般にも言える。PC全般の性能が底上げされたことで、ゲームマニアや3D、映像関係者などの一部ユーザ以外には一般用PCでも十分な性能を持つようになった。ゆえに高級PCに対する需要が少なくなってしまい、製品の開発や発展が滞ってきているからだ。
NECなどはすでに一体型とノート型しか販売していないらしい。

今回のiPhone5。売れ行きは今のところ好調そうな気配だが、全般的に反応は薄い。

・画面の大型化(全体的に広がって欲しかったのですが・・・)
・搭載されるiOS6はGoogleとの契約切れによるマップの劣化(2012年9月現在)
・siriのマイナーアップデート(しかも日本じゃほとんど意味なし)
・CPUの進化(2倍の性能が本当なら大したものではあるのだけど)
ぐらいしか目玉がない。

どれも旧型からの焼き直しか劣化で、驚きや革新とはいえないものばかり。
皆はまたAppleがとんでもないことをやってくれるのではないか、いい意味での裏切りがあるのではないか、と期待していたのに、出てくる内容はリーク済みで焼き直しのものばかり。期待が大きかった分、悪くないのにガッカリ感が出てしまうのですね。

ただ、iPhoneは奇数世代に大きく躍進することが多い(5は6番目)。初代、3GS、4S等。次の機種で大きなイノベーションが出てくれば、まだまだ腐っていないという証明になるかもしれない。ただ、それに失敗すればAppleはゆるゆるとした衰退に向かっていくと予想しています。

私は自他共に認めるApple好きなので、できれば、ジョブス氏亡き後も一層の盛り上がりを期待したいですね。
あ、もちろん、なんだかんだ言って、自分も予約済みです(`・ω・´)