パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

骨伝導Bluetoothイヤホン その後のレビュー

こちらの記事の後日談です>Bluetooth骨伝導イヤホンを買ってみました

上記の商品を購入し、しばらく使ってみました。その上での感想です。
なお、自分は上記商品の生産者や輸入元とは一切関係ありません(^^ゞ

なお、バイクでの使用を前提にしているので、そのような記述がありますが、
基本的に(バイパスとかで止まれないとき以外)はちゃんと路肩に停まって応対していますよ(^^)

1.イヤーピースはいまいち合わない
なにはともあれ、自分は耳が小さいので、上手く装着することに苦労しました。普通のイヤホンでも合うイヤーピースはなかなか無かったので、この機種に限ったことではないです。
一番小さなピースにしてみたり、ピースを外してみたり。でも、ピースを外すのは全然ダメですね。音が聞こえません。
結果、イヤーフックと中型のピースを併用することで落ち着きました。カナル型に馴れた耳には、ちょっと浮いた感じはしますが、とりあえず、落ちる気配はないですし、そこそこ良く聞こえます。でも、カナル型に変換するイヤーピースみたいのがあれば、もっといいかも。

2.位置に結構気を使います。
肝心の通話性能ですが、思ったよりは微妙。
イヤホンの位置がベストポジションからずれていると全く伝わりません。自分のベストポジションは頬骨のちょっと下あたりですね。聞こえないと言われたら、少し角度を変えてみましょう。
角度が合えば、結構な騒音でも、それなりに無効に伝わります。ただし、あまりにも騒音がひどい場合は完全にカットはされないみたいです。そして、そこそこ大きな声を出さないと伝わりません。

3.音が小さい時は・・・
説明書に記載があるのかないのか? 携帯電話本体での音量調節の他に、イヤホン本体での音量調節があります。方法は通話ボタンをダブルクリックで二回目を長押し・・・でいいと思う(ちょっと自信ない(^_^;)。押したままにしていると音がだんだん小さくなった後、また大きくなってくるので、程良い所で指を離してください。
なお、本体における音楽再生時と通話時の音声の大きさは別々の設定です。なので、117などで話しながら機械のボリュームボタンを押さないと、音楽だけ大きくて、通話は聞き取れないなんてこともあります。というか、経験しました(^_^;)
4.音質は
モノラルですし、音楽を聞くためのデバイスではないので、良くないです(^_^;)

5.siriには対応しているけど・・・
あんまり反応はよくないですね
音楽を開始したり、スキップしたりするボタンがないので、音楽を聞くのにはおすすめできないです

6.操作感
ボタンが上部に一つしかないので、フルフェイスヘルメットと一緒には使えないですね。せめてiPhone側に応答ボタンが出ると良いのですが・・・。上位機種では叩けば応答するらしいですが、ヘルメットの上からじゃ意味ないだろうなぁ。着信時に電話番号を読んでくれるのはいいような微妙なような感じです。
Skypeでの対応にも対応していないっぽいです。

7.設定
設定はJowBoneのサイトで行います。一応、アプリをインストールしておく必要はあるのですが、設定する場所はブラウザ上です。面白い作りだ(^_^;)
最初にここで、音声を日本語に変えておくのを忘れないようにしましょう。英語でもいいですけどね。
日本語でも色々な音声を用意してくれると嬉しいのですが。

 

全般的に辛口になってしまいましたが、騒音の中での通話は(ちゃんとはまれば)いいほうだと思います。ただ、コレジャナイ感は結構ありますね。イヤーピースがはまっていなくて、音の調整の仕方がわからなかったときは、本当に投げ捨てようかt・・・いやいや、色々とさわってチャレンジしました。まぁ、お金出せばちゃんとした説明書がついてくるやつを買えます(^^)

できれば戦車兵が使うような喉に当てるようなマイク、イヤホン部分も骨伝導で耳の横に当てるか、カナル型ではっきり聞こえ、落とす心配がないBluetoothのイヤホンマイクがあればぜひ買い換えたいですねd(^^)\(゚Д゚#)

 

MacでRSS読むならNet NewsWireがオススメ

今回はOSXでRSS読むツールの紹介です。

RSSというのはブログやニュースなどのホームページを閲覧する際に、タイトルや要点だけをリスト化して効率良くする仕組みです。説明が適当なので、詳しいことはググってくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

で、自分はずっとSafariのブックマークツールバーにRSS用のフォルダ作って、底から興味があるタイトルの記事だけ見ていました。ところが、OSX10.8が出た時、Safariもアップデートされたわけです。もちろん他のOSバージョン用でもこのSafariは無償アップデートの対象です。何の気もなしにアップデートしてみたら、RSSがSafariから見られなくなっている! どうも以前から発表はされていたのですが、昨年身内に不幸があり、てんやわんやで情報を得られなかった次期だったようで見逃していたみたいです。

そこで、なんとかSafariでRSSが見られるようにならないか? とか、いろいろ探っていたのですが、上手く見つからず。それだけのためにTimeMachineでバージョン下げるのもなんかいやだ。というわけで、RSS閲覧ツールを幾つか試して見ることにしました。
そして、紆余曲折を経て現在愛用しているのが、今回紹介する「NetNewsWire」というわけです(^^ゞ

■使用準備

NetNewsWireはGoogle リーダーと連携するアプリですので、まずはGoogle リーダーに見たいRSSを登録します。Googleアカウント(Googleメール)を持っていない場合は無料ですし、色々と捗るので、この際作ってしまいましょう。Android系スマートフォンを使用されている方は、気づかずに作っているかもしれませんね。

登録の仕方はサイトに寄って異なります。よく見るページ内やURL欄に

RSS登録マーク

みたいなマークがあれば、クリックして登録先をGoogleリーダーにしてやれば良いです。
なければ、登録したいホームページのURLをコピーして、Googleリーダーのページ左上にある登録というところをクリックして、URLをコピペしてください。

さて、肝心のNetNewsWireはここからダウンロードできます。英語のページですが、Downloadってでっかく書いているところをクリックするだけだから、問題ないでしょう。
Mac版は無料です。iPad、iPhone版は有料みたい。

 

■初期設定

ダウンロードしたら、NetNewsWireをApplicationフォルダにでも移動し、必要ならドックに登録してやってください。 起動したら、初期設定をします。

たしか、最初の起動の時にGoogleアカウントを聞いてきますので、ユーザ名にGoogleメールのアドレス、パスワードにそのパスワードを入力して登録します。
あとから変更する場合には メニューバー>NetNewsWire>Prefarence>Syncingタブに入力するところがあります。
登録したら、勝手にGoogleリーダーに登録していたRSSを読み込んでくれるはず。

後は基本デフォルトのままで良いでしょう。

■使いかたと使い勝手

このアプリ、何がいいって、まず読み込みが早いです。これのまえにつかっていた某アプリでは既読記事まで読み込んでいたので、読み込みにすごく時間がかかっていました。そして、前に読んだ記事を何度も見るハメになるので、かなり辟易としていました。でも、NetNewsWireにはそんなことありません。起動は早いし、未読のみサクッと表示します。バッジで何件の未読があるかもわかります。画面は見ての通り、一般的なメールソフトに酷似していますから、迷うことはないと思います。
左側に登録RSSのリスト、右上にタイトル、右下に記事が出ます。表示方法は変更も可能です。

特にここだけ先に見たいというページがなければ、素直に左上にあるLatest Newsをクリックしてください。右上に未読の記事の一覧が出てきます。

さて、ここからが真骨頂。
このアプリあまりマウスの操作が必要ありません。
最低限覚えるべき操作は下の3つだけです

1.記事の移動、ページスクロール > スペースキー
2.記事の詳細を開く > リターンキー(Enterキー)
3.記事の詳細を閉じる > コマンド+w

マウスを使うのは
・記事の詳細内のリンクを開く
・タイトルを右クリック(Control + クリック)してリンクをデフォルトブラウザで開く
(基本このアプリ内で完結できますが、はてブなどに登録したい場合やFacebookなんかに投稿したい場合にはブラウザで開いたほうが便利なことがあるので) >もしショートカットがあれば教えてくださいヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

という場合のみ。 基本的にスペースキー連打でガンガン読み進めていきます。

読み終わったら、定番のコマンド+qで終了。

この操作の簡単さと軽さが良いです。

是非お試しください(^^ゞ

 

SSL(https:)のホームページが見られない

稀に、普通のホームページ(以下HP)はみられるのに https: などで始まるSSL通信を使ったHPやWebサービス(クレジット決済・銀行取引など)が使用できないという事があります。
偏見かもしれませんが、こういうのは主にWindows機で起こることが多い感じがします。LinuxやMacで起こる場合はサイト側に原因があることが多いですね(^^ゞ インターネットエクスプローラーしか対応してませんとか。

こういう場合、結構簡単に治ることが多いです。以下の3点を確認してみましょう

1.パソコンの時間はあっている?
上記にてWindows機で起こることが多いという最たる理由がこれ。特にXP機ですね。XPからネットのサーバを利用して時間を合わせるようになっています。しかし、デフォルトのMSのタイムサーバーが繋がらず、時間が狂っている場合があるんですね。

この場合、時間をあわせてあげて、できれば時間合わせるサーバ(NTPサーバ で検索してみてください)をもう少し信頼の置けるところに変更しておくとよいでしょう

 2.インターネットオプションを確認してみる
コントロールパネルにあるインターネットオプション(IEでもメニューを有効化しておけば直接いけます)にてSSLとTLSのところにチェックが入っているか確認しましょう。SSL2.0は特別必要な時以外はチェックを外していても大丈夫です。特に変わらないようなら、元に戻しておいたほうが良いかも?  まぁ、不都合なければどっちでも良いです

3.ファイヤーウォールやアンチウイルスソフトを無効にしてみる
最近のアンチウイルスソフトにはインターネット対策もされているものが多いです(というか、そうでなければあまり意味無いです)。この中のファイヤーウォールというネットワーク信号の通過を選別する仕組みがあるのですが、これが邪魔をしている場合があります。当然Windowsにも標準である機能なのですが、アンチウイルスソフトは勝手に判断して遮断することがあります(頻度や誤りはアプリによりけりです)。なので、一時的にこれらをオフにしてみてつながるかどうかを試してみてください。
なお、HPの中には特殊なアプリを介して取引や作業を行うページもあります。アンチウイルスアプリがこれらのアプリの通信を邪魔している可能性もあるので、ファイヤーウォール機能だけではなく、全体を無効化してください。
上手く通過するようなら、それが原因ですので、設定を再確認し、修正します。

上記で治らないようであれば、サイト側の原因(トラブルやメンテナンス中)であったり、その他の原因であることが考えられます。
(いつか、他のHPは繋がるのにPS3でソニーオンラインだけつながらないということがありましたが、あっさりメンテナンス中でした(^^ゞ)