パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

スタートアップ修復を繰り返す時:Windows7


Windows7を起動しようとした時、またはフリーズして再起動した後など、
起動>スタートアップ修復か通常起動の選択>どちらを選んでもスタートアップ修復になる>エラー>再起動>ループ
なんてトラブルがあります。
もちろん、スタートアップ修復でちゃんと起動するようになる事のほうが多いのですが、どうしてもループしてしまう場合やスタートアップ修復が長時間終了しない場合などには、別の対応が必要です。


■注意事項

1.キャンセルできないからといって、強制電源OFFはなるべく避ける
 HDD書き込み中に電源OFFをした場合、データの重大な損傷が起きる可能性が高くなります。なかなか終わらないという場合でも、別の暇つぶしや外出をして、半日ないし、一晩程度おいておきましょう。それでも終わっていない場合は、どちらにしろ、HDDの損傷が激しい可能性が高いです。覚悟を持って強制電源OFFをします。

2.何度も繰り返さない
 1,2度スタートアップ修復を行って改善されないようなら、別手段を考える必要があります。それ以上の繰り返しは逆にシステムやHDDの損傷がひどくなってしまう可能性があります。
再起動をキャンセルして、その他の方法を使用する 的なオプションを選択しましょう。
ただし、メーカー製PCの一部ではこのオプションが出てこないことが多いです。
その場合には市販のWindows7システムディスクで起動する必要があります。
なお、32bit版で64bit版OSを修復することはできません。その逆もしかりです。

3.バックアップ前のシステムリカバリーは行わない
一部メーカー製PCではスタートアップ修復後にシステムリカバリを促すことがあります。しかし、バックアップを取っていない状態でシステムリカバリをいきなり行うのは避けましょう。通常リカバリ作業を始めるときには何度も本当にリカバリをするかシステムが確認してきます。落ち着いて画面の日本語を読み、リカバリ作業を中断、もしくは強制電源OFFをしてしまいましょう。

 たとえ、システムが起動しなくてもデータは残っていることが多いです。また、うまくすれば以前のまま新品のHDDでクローンを作成し、起動できるようになる可能性もあります。
 しかし、リカバリを行うとデータ救出はほとんど絶望的となります。金額的にも負担が大きくなり、できたとしてもフォルダ構造やファイル名が戻ることはほぼ無いと思ってください。

以上を踏まえて以下、対処です。
ただし、全ての事象がこのケースに当てはまるわけではありません。また、場合によっては別途市販のWindows7システムディスクが必要になる可能性があります。それと、一部の細かい文章はうろ覚えなのはご了承ください(≧▽≦ヘ)バキッ☆\(-Θ-:)
対処法はいくら親切に記載しても、訳がわからないと思うことが多いと思います。不明な場合にはお目に止まったプロのサポートを呼んだほうが良いです。メーカーサポートなどしかない場合、データは諦めるしかないかも。

■パターン1:スタートアップ修復が数分~数十分で終了する場合

システムの起動用ファイルの破損である可能性が高いです。
まずは「なぜ再起動を繰り返すのか」を見極める必要があります。
そこで、BIOS画面がでたらF8を連打します。黒い画面に白い文字でセーフモードで起動とかいろいろ出てきたら、システム起動時にエラーが出た場合自動的に再起動をしない 的なオプションを選択してください。
通常通りシステム起動が始まり、今度は再起動せずにブルースクリーンのエラーが表示されるかと思います。
残念ながら、ブルースクリーンは全て英語です。さらに、訳の分からない数字などでエラーコードが表示されています。
その内容によって、対応方法を考えます。なお、記載されている英語の対処法をとっても、60%以上治らない可能性が高いです(-_-;)

・x00 xED など
システムのファイル構造が壊れた可能性が高いです。
できれば、なんらかの方法でHDDの不良セクターなどが存在していないか事前に確認して下さい。
ダメージが有る場合にはHDDを交換したほうが早いです。

スタートアップ修復>その他の対処法>コマンドプロンプト
#dir c:\
などで、システムが存在するパーティション(ドライブ名)を特定
#chkdsk ドライブ名 /f

終了したら、再起動して様子を見ます。

・x7E など
ブートファイルやMBRが壊れている可能性が高いです
できれば、なんらかの方法でHDDの不良セクターなどが存在していないか事前に確認して下さい。
ダメージが有る場合にはHDDを交換したほうが早いです。

スタートアップ修復>その他の対処法>コマンドプロンプト

#bootrec /fixboot

無事に終了したら、再起動
ダメなら、
#bootrec /fixmbr

もためす

更にダメなら

#bootrec /fixbcd

をためします(自分の場合、bcdはバックアップをとりますが、割愛します)

これでダメなら、システムが壊滅的にダメージを受けている可能性が高いです。

例外:HDDをPATA(IDE)からSATAに変更した場合 > レジストリを弄る必要があります。
   BIOSでHDDのモードをIDE<ー>AHCI に変更した場合(またはCMOS電池切れなどで変更されてしまった場合)>BIOS画面にて、モードを入れ替えてくだだい

■パターン2:スタートアップ修復が半日以上かかっても終わりそうにない場合

HDDのセクター遅延、損傷が激しい可能性が高いです。スタートアップ修復が一生懸命正常なファイルを書き込もうとしても、HDDに問題があるので、書き込みができない状況です。
この場合にはHDD交換が必要です。
データのバックアップが必要な場合にはPCからHDDを外し、クローンないし、コピーを取る必要がありますが、難しい上にかなり時間がかかります。また、一般的なHDDコピーツールやコピー機ではエラーで止まってしまうものがほとんどです。
もちろん、筆者は何度もそのような状況に遭遇し、データの取り出しを成功させていますが、一部破損ファイルが出ることもあります。

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.