パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

ネットワークがつながらない時の原因解明

ネットワークがつながらない。遅い。結構、こういうトラブルはあります。
そこで、今回は、ネットワークトラブル時の原因解明の手順を紹介

まず、ネットワークにかぎらず、トラブル解決は手近で簡単なところから遠くの面倒なところへという順番で見ていきます。
やむを得ず、簡単な専門用語などが出てきます。ご了承ください。
また、説明はWindowsでの場合を想定しています。
※もちろんMacでも同様の作業は可能ですが、設定を見るべき場所や一部のコマンドが異なります。

1.Ethernetケーブルの確認
抜けかかっていたり、断線していたりなんてことは意外とあったりします
コネクタを押し込んでみたり、変えてみたりしてみましょう。
あ、もしトラブルが起こっているのが、初めて配線したネット環境だったり、会社など複数人で使うネットワークなら、この時点で全体の配線・接続が間違っていないかどうかも確認しておきます。
個人の家等で配線が勝手に変わることはありませんが、会社などだと色々調べた結果、ケーブルがループしていたなんてオチもあったりします(^^ゞ

2.NICのランプはついているか
NICって要はEthernetケーブルが刺さっているところ(の機械・回路・基盤)です。
ケーブルを認識していて、信号の送受信をちゃんとしているならランプが点滅しています。
ただし、マザーボード一体型などでランプがない場合もあります。

3.NICやネットを認識しているか
このへんから、ちょっとだけ難しくなってくるかも?
Windowsがちゃんとネットを認識しているか、認識していないなら、NICはデバイスとして認識されているかを確認します。ネットとして認識しているかはデスクトップ右下の方の小さなアイコンなどでわかると思います。
また、コマンドプロンプトでIPアドレスなどを確認しておくとよいでしょう。
ウィンドウズキー+r > cmd と入力してEnterキー > ipconfig /all
です。ただ、少しでもネットワークをかじっていないと意味はわからないかも?
デバイスは認識しているのに、このコマンドで何も出てこなければネットワークの設定が間違っています。

デバイスの認識はデバイスマネージャーで確認します。
マイコンピュータを右クリック>プロパティ>ハードウェア>デバイスマネージャー>ネットワーク機器
のところですね

4.ネットワークはどこまで通じているかを確認
ここまできたら原因はPC本体以外にある可能性が高いです。
先ほど起動したコマンドプロンプトにて、どこまでネットワークが通じているか確認します。
使用するコマンドはpingやtracertあたりをよく使います。
これでルータまでは通じるが、インターネットまで行かない場合はルータないし、モデムの不具合。
場合によってはプロバイダ側のトラブルという可能性もあります。
ルーターまで通じない場合はスイッチ(ングハブ)かルータの不具合となります。

 

簡単ですが、たいていの障害は以上で原因が判明します。
お試しください( ^ヮ^ )ノ

 

 

Tags: