パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

ケースファンを修理してみた

夏になーれば思い出す〜 というわけで、PC内部の温度上昇が気になる季節になって来ました。
うちにある自作PCの一つは中古のケースを当時の同僚からもらってきたやつです。もちろん普段使いには全く問題はないのですが、いかんせんケース廃棄用のファンがうるさくて繋いでいなかったのです。ずっと忘れてたのですが、先日ふと思い出し、このケースファンを修理することにしました。

外してみると埃がびっしりついています。まぁ壊れてもいいしということで、軽く水洗いしてホコリを落としました(良い子のみんなは真似しちゃいけないよ!)。写真とっておけばよかったな(^^ゞ
 しっかり乾かした後で、いよいよ分解です。まずは表のシールを剥がします。するとファンの軸が見えます。よく見ると奥にワッシャーのようなものがあります。これを精密ドライバーのマイナスで慎重にこじって取り外します。

分解したファンがこちら
分解したファン01
分解したファン02

内部も汚れていたので、汚れを拭き取り、軸にグリースを塗って元に戻しました。
このワッシャーのハマりづらいことと言ったらなかったです(´;ω;`)

電源をつないでみると、劇的に静かに回転してくれました(^^)
やってみるもんですねぇ。
でも、失敗した時用に別途ファンを買ってきていたので、このファンはHDDの上においています(^^ゞ
まぁノートPCのCPUファンとかみたいに替えがない場合を除いて、やっぱ買い直したほうが楽ですねヘ(。。ヘ)☆ヽ(^^;)バキ

 

Tags: