パソコン修理・パソコンサポート・設定代行 東京・川崎・横浜 格安にて承ります
出張料5250円 作業料5250円~
PCスミス

 RSSリーダーで購読する

VAIO SZ90SのCPU交換

数カ月前にお客様のところで作業した際、「これうまく起動しなくなったからあげる」と言われて、VAIO VGN-SZ90Sというノートパソコンを頂いて参りました。ただ、この時は忙しかったうえに、ACアダプタを紛失したということで、本体のみの引き上げ。故に起動もせずにしばらく放っておいたのです。今回はちょっと暇もできたし、ちょいとこれを使えるようにしてやろうかいという企画。

1.VAIO VGN-SZ90Sについて
言わずと知れたソニーのノートPCで、当時一番の高級機だったのではないかな?
ただ諸元はすでに時代遅れですね。
CPU:Core Duo T2600 2.16GHz
チップセット:インテル 945GM Express チップセット
メモリ:2GB(DDR2)
HDD:120GB 2.5inch SATA
グラフィックチップ:NVIDIA GeForce Go 7400 with NVIDIA TurboCache+
インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 950
(スライドスイッチで切り替え)
液晶ディスプレイ:13.3型ワイドWXGA(1280×800) TFTカラー液晶[クリアブラック液晶](スリムLED)(多層ARコート)

とこんな感じ。

2.まずは修復

とりあえず、通販でACアダプタを入手。なんか中国から直接買い付けている業者から、メーカー直販より安く入手しました。
起動してみると、XPが起動しようとするもブルースクリーンがでます。
IMG_1835_R
エラーコードは0x0000008E
うーん、これはメモリ不良かなぁ。とりあえず、メモリを一旦外してからスロットを清掃、静電気除去ブラシでチョイチョイと払ってから再取り付け。ついでにWindowsのディスクから起動して、システム修復しました。
 ま、あっさり起動するようになりました(^^)
メモリそのものは故障していなくてよかったです。
とりあえず、お客様のデータは完全に消去。データリカバリディスクを作成後、完全にフォーマットしてからリカバリしなおしました。
さすがに個人情報とかには気を使います。

3.CPU交換
メモリを外すときに気づいたのですが、この機種、CPUへのアクセスがすごく楽です。裏蓋の一部を外すだけでCPUからヒートシンクの先までアクセスできます。HDDも簡単にアクセス出来ればよかったのに(´・ω・`)

というわけで、Core Duoという時代遅れなCPUをもう少しだけ早いのに交換できないかな? と調べたところ、Core2Duo T7600というのまではいけるという情報がネットに転がっていました。さっそく、ヤフオクで検索。何度か入札失敗した後、数週間後に中古品を安く入手することに成功しました(^^)
通常落札価格の70%ほどの金額で落札できたのはラッキーだったと思います。

到着した所で、早速作業開始。残念ながらすっかりベンチマークを取ることを忘れていましたヘ(。。ヘ)☆パシッヽ(^^;)
まずは裏蓋をあけます
IMG_1876_R
CPUからヒートシンクまで丸見えですね。ヒートシンクは止めているネジを外せば比較的簡単にとりはずせます。グリースが固まっているので、少々ドライヤー等で温めてよると良いでしょう。

IMG_1877_R
取り外したらこんな感じ。ついでにヒートシンクに溜まっていたホコリも除去してやります。
IMG_1878_R
ヒートシンクやCPUについているグリースはキッチンタオルや綿棒に無水アルコールを染み込ませたもので、丁寧かつ綺麗に拭きとってやります。

CPUそのものはスロットの上部にあるマイナスネジを反時計回りに回してやれば外せます。6時あたりでちょっと引っかかるので、そっと力を加えてやりましょう。勢い余ってマイナスドライバで基盤を傷つけては大変ですからね。

CPUを無事にとりはずしたら、向きに注意して新しいCPUをそっと置き、マイナスネジを時計回りに回して固定してやります。きっかり9時のところまで回してやりましょう。

IMG_1879_R
CPUのダイ部分にグリスを塗り直し。写真の段階では、ちょっと多すぎたので、もっと薄く引き伸ばしました。あとは元通りにするだけです。

無事に起動することを確認して、ホット一息です。
実はこのあと、このVAIOをWin7にアップデートしました。XPのままじゃ1年でサポート切れるしね。まぁサポート切れてもしっかりセキュリティ対策していれば、更に数年は大丈夫なんですけど(そのぐらいになるとハードウェアがだめになるです)
といっても、公式ではサポートしていないため、結構大変。それと、チップセットがAHCIモードに対応していないので、64bitではなく32bitです。
ドライバは以下のページなどにあるSZ94用などを流用しました。
ftp://ftp.vaio-link.com/pub/VAIO/ORIGINAL/
とりあえず、すべての機能がちゃんと使えるようにアップデート出来ました。
挑戦するなら、いつでも戻せるように、ちゃんとバックアップをとってからやりましょうね!
TrueimageやReflectの使用がおすすめ(微妙に不親切)。

ただ、作業途中でバッテリが死んでいることに気づきました。XPに一度戻しても認識すらしていなかったので、バッテリの中の基盤が死んでいるんでしょうね。これは修理するより中華製のサードパーティ製を購入したほうが良いでしょう。ただ、今回は持ち歩き用にするつもりはなかったので、そのままACアダプタ専用で使用することにしました。
Win7化は正直結構大変だったので、割愛します。自身のない方はやめたほうが幸せです^^;
必要スペックは満たしているのに、ドライバがなければまともに動かないWinさんって・・・・(´・ω・`)
OSXならインストールできるかできないかの2択なので、もっと割り切りが早いんですけどね。

こんな感じで、比較的今風に廃棄される予定だったVAIOを蘇らせることができました。
現在では家族用にほそぼそと活躍しています。

それでは!

 

Tags: , , , ,